渡良瀬遊水地

北川辺の中心を散策してから、北川辺の最後に訪れたのが「渡良瀬遊水地」です。
北川辺はもとより埼玉県の一番北よりで、遊水地自体が4県にまたがっているのです。といっても、ほぼ全域が栃木県栃木市で、残りの部分は栃木県小山市、栃木県下都賀郡野木町、茨城県古河市、埼玉県加須市(北川辺)、群馬県邑楽郡板倉町となっています。
まさに、水の郷らしいエリアなのです。

渡良瀬貯水池

車で到着すると池だか、湖だか分からないくらい大きな貯水池があります。
渡良瀬遊水地 渡良瀬遊水地 池の畔ちょっとオシャレな案内地図がおかれています。

この貯水池は通称、谷中湖と呼ばれており、この谷中湖の形はちょうどハート型で、そのハート型の中央にY字型の橋が架かっていて、現在地がそのY字の一番下のところであることがわかります。
渡良瀬遊水地 ここから眺める橋がこれですが、橋には見えません。緑の樹木がつづいている方向がY字の左側の直線です。

できればここを渡ってみたいのですが、徒歩ではかなり時間がかかりますし、かなりの炎天下なので、今回は見るだけです。
しかし、見るといっても一面池だけですので、特に見るべきものもありませんが、唯一橋以外に見える建造物は左側の水門だけです。
渡良瀬遊水地 それもかなり遠いのですが、北水門というそうです。

ここでこの遊水地の成り立ちを調べてみます。

『明治18年・23年・29年の洪水で、渡良瀬川下流部 には、足尾銅毒が洪水とともに流出氾濫し、被害を生じた。これに対処するため、谷中村を廃村など遊水地化するという、明治改修計画に基づく買収計画構想が具体化してきました。
当時渡良瀬川は、栃木県管理の河川であったため、遊水地の買収は栃木県によって進められ、明治37年県議会可決後、明治38年から明治40年までの間に936町歩余り買収され、380戸の移転が図られました。
その後、明治42年には帝国議会の承認に基づき、内務省により、渡良瀬川改修とともに遊水地が整備された。
昭和10年、13年、22年と相次ぐ大洪水を契機に遊水地をより効果的に活用するために渡良瀬川、思川、巴波川に沿って新しく囲繞堤や越流堤を設け、調節池化を図り、大きな洪水の時だけ調節池の中に川の水が入るようにし、従来より洪水調節機能を増大させる事業(調節池化事業)を実施することとなりました。
この事業は、昭和38年に着工され、昭和45年に第1調節池、昭和47年に第2調節池が概成し、平成9年度には第3調節池の工事も概成した。さらに、既に完成していた第1調節池内を掘削し貯水池を設けることによって、洪水調節の容量の増大、新規都市用水のための容量の確保等を目的とした事業(貯水池化事業)にも昭和51年に着工し、平成2年に概成しました。』(渡良瀬遊水地オフィシャルサイトより)

先の資料館で見た田中正造翁の「谷中村の貯水池化」がこの遊水地にあたるわけですね。
表向きは洪水対策とうたわれているのですが、当時の真の目的は足尾鉱毒事件による鉱毒の沈殿、無害化を図ることが当初の目的だったようです。
しかし、その後、先のカスリーン台風などの大災害もあり、本格的に貯水池化を計画し、現在のような遊水地が完成したのです。
したがって先の案内地図は遊水地全体ではなく、谷中湖をクローズアップした地図で、実際にはこれだけの大きさがあるようです。

渡良瀬遊水地 《写真:渡良瀬遊水地オフィシャルサイトより》

渡良瀬遊水地 そして、それが第1から第3までの調整池に分かれているようです。

ただ、実際には第1調節池以外は増水時以外使用されてはいないようです。かつてこの第1調整池はお化け沼と呼ばれて釣り人に人気があったそうですが、造成によってその第1調整池の南部がコンクリート張りの谷中湖になったのだそうです。
そして地図を見ると分かるとおり、渡良瀬川の西側が第1調節池で、第2調節池は巴波川の東。更に第3調節池は渡良瀬川と巴波川の北側位置し、遊水地内の堤の一部にはあえて低く作られた越流堤があり、増水時には調節池に向けてわざと水を流して一時的にため、下流での洪水を防ぐしくみになっているそうです。
そうしてみると、谷中湖周辺のみならず遊水地の広さはとてつもない広さということになりますが、それもそのはずで面積は33km2、実に山手線の内側の約半分に当たるそうです。
その中の渡良瀬貯水池、所謂谷中湖だけでも約4.5km2で東京ドームの約100倍あるのですから、とても歩いてなどと考えるのは愚か者のなせる業でしょう。

このように治水・利水目的で造られた渡良瀬遊水地ですが、現在ではマリンスポーツをはじめとして様々な目的で利用されているそうです。
そのためにこの谷中湖周辺は5つのゾーンにわかれています。
1.湖ゾーン:谷中湖のことで、谷中湖は更に北・谷中・南の3つのゾーンに分かれていて、それぞれウィンドサーフィンやカヌーブロック、えさ釣り場ブロック、ルアー釣りブロックに分かれています。
2.親水多目的ゾーン:湖に面した多目的広場で、様々なイベントが開催されているそうです。
3.スポーツゾーン:野球・テニス・サッカーなどのスポーツ施設
4.子供ゾーン:子供広場として家族でもピクニック気分で利用できる広場があるそうです
5.史跡保全ゾーン:谷中村の史跡を保全しているエリア
この中の史跡保全ゾーンの谷中村は田中正造翁のところで出てきたこともあるので、次は、この史跡保全ゾーンに行ってみる事にしました。

ウォッチングタワー

史跡保存ゾーンはちょうど現在から谷中湖を挟んで反対側、ハートの窪んだ部分にあたります。 橋を渡っていけばいけるところですが、ここは車で移動します。
現在地付近は中央エントランスから入りましたが、谷中湖の周辺を迂回していくと北エントランスから入ることになるようです。

渡良瀬遊水地 エントランスというくらいですから一応ゲートがあり、時間が来ると(夜ですが)閉まってしまうようです。

ゲートを抜けて進むと右側に何やら建造物があります。
渡良瀬遊水地 渡良瀬遊水地 この奇妙な形の建物は渡良瀬遊水地ウォッチングタワーといい、文字通り展望台ですので上がってみます。

渡良瀬遊水地 上には360度が見渡せるデッキとその中央に四阿があります。

渡良瀬遊水地 まずは、谷中湖方面を臨むと近くに見える水門が先ほど遠景でみた北水門があり、その先が谷中湖です。

渡良瀬遊水地視界がよければ北水門の方角のはるか先に秩父連山や富士山が見られる方角ですが、この日は残念ながら全く見えません。

やはり眺望を望むなら冬しかないでしょうね。

それにしても何と広い遊水地なのかを実感させられます。
ここに、渡良瀬遊水地の歴史が具合的に解説されているパネルがありました。

谷中村の成立
谷中村は、1889年(明治22年)下宮村、恵下野村、内野村の三村が合併して誕生しました。栃木県最南部に位置し、渡良瀬川、思川に挟まれた洪水常襲地帯でしたが、洪水がもたらした肥沃な土壌環境に恵まれ、普段は沼地や湿地が広がり、農業や漁業も盛んで、自然に恵まれた穀類豊穣な農村として繁栄していました。

足尾銅山の鉱毒
1610年(慶長15年)に渡良瀬川上流で発見された足尾銅山の産銅量が明治になって飛躍的に伸びたことを契機に、銅の精錬に必要な木炭を得るために山林の乱伐を重ね、その結果、水源の山々は保水力を失い、頻発する洪水によって鉱毒が渡良瀬川に流れ、被害は流域に広がりました。こうした中で1900年(明治33年)、鉱毒防止の請願のため上京しようとした被害農民と警察隊とが衝突して、多数が拘束された川俣事件が起こり、また翌年1901年(明治34年)には栃木県出身の衆議院議員、田中正造が明治天皇への直訴を行い、鉱毒事件は社会問題へと発展しました。

遊水地の誕生へ
こうした中で、明治政府は鉱毒被害が広がる原因は洪水にあると判断し、遊水地設置の政策を決定しました。
やがて、遊水地の土地買収が始まり、谷中村はその大半が遊水地となることから、1906年(明治39年)6月30日、事実上の最後の日となり、17年の歴史に幕を閉じました。
そして1910年(明治43年)の大洪水をきっかけに、翌年から1911年(明治44年)に遊水地の整備が始まり、その後カスリーン台風等の度重なる洪水を受けて、調整池化事業を1963年(昭和38年)から開始、貯水池化事業を1973年(昭和48年)に着手し、多目的貯水池として1990年(平成2年)から運用を開始しています。』(現地案内板説明文より)

こうしてみるとある意味谷中村がこの遊水地のシンボルといってもよいほどの、重要なポジションを占めているといっても過言ではないのかもしれません。

渡良瀬遊水地 こちら側が南方向の大宮方面で、道の左側の樹木のある辺りが史跡保存ゾーンのようです。

渡良瀬遊水地 こちらは東方向で、眺望がよければ水路の先には筑波山が見える茨城・千葉方向です。

渡良瀬遊水地 そして最後が北方向で、宇都宮・前橋方向です。

残念ながら綺麗な眺望は望めませんでしたが、ただただ渡良瀬遊水地のアウトラインを知るにはうってつけの施設でした。

史跡保存ゾーン

ウォッチングタワーから先ほど見た史跡保存ゾーンへ向います。
ゾーンの中ほどに駐車場があるので、そこに車を停めてここからは歩いて散策です。 先ほどタワーで谷中村の概要は知りましたが、ここでは更に詳しい説明があります。

谷中村について
谷中村は1889年(明治22年)、下宮村、恵下野村、内野村の三村が合併してできた村で、栃木県最南部に位置し、渡良瀬川、巴波川、思川に囲まれた洪水常襲地帯であった。反面、肥沃な土壌を洪水が運んでくるため農地は全く肥料を必要としないほどの沃田とも言われた。
しかし、1877年(明治10年)頃から渡良瀬川上流の足尾銅山より流失する鉱毒により、農作物や魚に被害が見られるようになり、更に1887年(明治20年)以降には足尾銅山の生産が増大するとともに、その被害は渡良瀬川沿川の広範囲に及んだ。谷中村も例外ではなく農作物の立ち枯れや魚の弊死等被害は想像を絶するものがあった。
このため、栃木県出身の衆議院議員田中正造は被害状況を帝国議会で訴え、住民も東京へ状況請願し、1900年(明治33年)の川俣事件、翌1901年(明治34年)の田中正造の天皇への直訴で、鉱毒問題は人々の関心を引くことになった。被害民の足尾銅山の操業停止要求に対し、政府は原因は洪水にあると判断し、洪水防止咲くとして渡良瀬川の新川開削(藤岡台地を開削し渡良瀬川を赤麻沼に流下させる。)と遊水地設置の政策を決定した。谷中村はその大半が遊水地となることより、買収は1906年(明治39年)から着手され、それに応じたものは他地へ集団移住を開始し,同1906年7月(明治39年)谷中村は藤岡町に合併させられて法律的に村は抹殺され、事実上の廃村となった。』(現地案内板説明文より)

環境の悪化を請願したことにより、結果として廃村になったという、謂わば自分の首を自分で締めてしまった格好ですが、せめて買収の上で移住したことに救われる思いです。ただ、故郷に対する郷愁や、感傷、あるいは政府に対する憤りなどといったことは他人が理解できる範囲ではないので、一概に買収を良しとするわけにはいかないかもしれませんが・・・。

早速その谷中村を散策します。
公園を通り抜けると、右「谷中村役場跡、左「雷電神社跡・延命院墓地跡」の道標があり、まずは谷中村役場跡方面に向います。
谷中村遺跡 谷中村遺跡

谷中村遺跡、すげ 少し進むと「すげ」の一帯を見受けます。

この「すげ」は当時の谷中村では笠や蓑等の製作に使用し、大きな収入源となっていたものだったそうです。

すげ」地帯の先の小高い岡の上に役場跡があり、ここにも「遺跡谷中村」という案内板がありますが、先ほどまでの案内板と重複するところが多いので、一部抜粋します。

遺跡谷中村
(前段省略)
●・・・明治37年12月10日栃木県議会は堤防修築という名の許に谷中村買収案を強行議決した。
買収金額:金48万円也
提内・970町歩、堤外・230町歩、戸数・387戸、人口・2500余人
●明治39年7月1日栃木県当局は谷中村議会の反対議決を無視し谷中村を藤岡町に合併せしめた。
●明治40年6月29日より県当局は提内に残留する16戸の住民家屋を強制破壊し住民100余人は雨露に晒されることとなった。
●大正6年2月限り残留民は各町村に移住し田中霊祠は藤岡町に遷宮した。谷中村は名実ともに滅亡した。
谷中村遺跡を守る会』(現地案内板説明文より)

村としては人口2500人ですから意外と大きかったのですね。
それに対しての買収金額48万円が果たして妥当であったのかどうか、あくまで推定ながら検証してみます。
明治38年時と現在(2000年時)の単純な物価指数で判断すると、現在の価値は明治38年時の約3300倍となります。そこから換算すると48万円は現在では約15億8400万円です。これを戸数387戸(=世帯数とみなす)で割ると一世帯当たり約410万円となります。 となると引越し代にはなりますが、現在の藤岡町で新築を購入することは不可能でしょうね。
更に住民に頭割で分けられたわけではないでしょうから、世帯あたりはもっと低いでしょう。しかしながら当時、移住する先の土地自体(土地は提供された、或いは空いている土地はたくさんあるのであえて購入する必要は無かったなどの理由により)を購入する必要があったかどうかは判りませんので、ある意味では良い条件だったのかもしれません。
まあ、それでもその後の仕事の有無や、心情的理由で残留された方がいたのですね。その最終形が強制撤去というのは、現在でも行われていますので、是非はともかくそれ程驚くべきことではないでしょうが、歴史的には非常に重要な事実であることは間違いないようです。

岡の上には旧谷中村役場跡の標柱があり、近くには大野孫衛門屋敷跡や大野音次郎屋敷跡の標柱も立てられていることから、このあたりを中心にして村が広がっていたものと想像されます。
谷中村遺跡 役所跡 谷中村遺跡

ここから道なりに進むと左手に雷電神社跡・延命院跡・・・等の書かれた標識があったので、小道を進んでいきます。
谷中村遺跡

谷中村遺跡 えんめいばし 途中にえんめいばしと書かれた小さな橋がありますが、これは後世に作られたものでしょう。

えんめいばしを渡った先の左手に「雷電神社跡」がありました。
谷中村遺跡 雷電神社跡

『旧谷中村遺跡 雷電神社
雷電神社は、旧谷中村のほぼ中央の丘の上に鎮座し、谷中村民の深く崇敬した社である。
足尾銅山鉱毒事件の折、県当局の谷中村強制買収反対運動に生命を賭して戦った田中正造翁もこの神社をこよなく敬愛し、この社殿で村民青壮年と共に寝食を忘れて談じ或る時は難戦苦斗する村民を慰め激励した処でもあった。
田中翁は病気重態の折、我が身を担架に乗せて遠く谷中に送り届けよと頻りに要望したほど翁が最期の静養を志したのもこの社地であった。
この神社跡地こそ、日本公害の原点地、谷中村の存在を永久に証する無くてはならぬ貴重な遺跡であると云い得る。
旧谷中村遺跡を守る会』(現地案内板説明文より)

これだけの貴重で信仰の篤い神社ですから、当時何故移座しなかったのかと不思議に思えましたが、よくよく考えれば、雷電神社は北関東を中心とした神社で、更に総本宮がここから車でおおよそ10、15分位の近さ群馬県邑楽郡板倉町ですから、あえて移座する必要も無かったのかもしれませんね、全くの推測ですが。不謹慎でしょうが、何となく七人の侍をイメージしてしまいます。

谷中村遺跡 雷電神社跡 階段をのぼった上に、「雷電神社跡」の木柱が立てられていますが、それ程広いスペースではなかったようです。

雷電神社から更に先に進むと、右側に「延命院共同墓地」の標柱があります。
谷中村遺跡 共同墓地跡

『谷中村遺跡 延命院共同墓地
延命院は室町時代に谷中村古川に創立された寺院であり、共同墓地の墓石は江戸時代初期より連綿と存在する。谷中村は五穀豊穣の地として栄えていたが、足尾鉱毒事件により、この延命院もまた強制買収され廃寺となり、いまわずかに墓石を残すのみとなる。
田中正造翁が谷中村に入って6年明治43年4月1日の日記の一部に谷中村事件を次のように記している。「谷中と銅山の戦いなり 官権これに加わりて銅山を助く 人民死を以って守る 何を守る 憲法を守り自治の権を守り祖先を守りここに死をもって守る」と主張した。
この地は昭和47年谷中湖造成計画に入っていたが、公害斗争の原点であり、谷中村事件の唯一の生き証人として残すべきと谷中村の遺跡を守る会の陳情運動により保存されたものである。
谷中村の遺跡を守る会』(現地案内板説明文より)

現在残っているこの墓石が江戸時代から残っている墓石ということですか。
谷中村遺跡 共同墓地跡 奥のほうにもいくつかの墓石や石塔がありますが、こちらは現在でもお参りされているようです。

それにしても、翁の日記を知ると単なる公害だけのことではなく、自由民権としての戦いを呈しているところに歴史としての重みを感じることができます。
是非は別として、谷中湖として水没しなかったことが歴史のあやだったのかも知れません。

その反対側には「延命院跡」の標柱と、鐘、そしてポストのようなものが置かれています。
谷中村遺跡 延命院跡

ここに嘗ての延命院があったのでしょう。
そしてこの鐘は、かつて延命院にかけてあった鐘で、幸手市の火の見櫓用に使用されていたものを交渉により、平成14年に寄贈されたようです。ここにあるのはそのレプリカで、実物は藤岡町の資料館に保存されているとのことです。
その横にあるポストは、「谷中村の遺跡を守る会」との連絡用のポストで、中には連絡ノートと「谷中村たより」という機関紙が置かれていました。
連絡ノートには、ここを訪れた方が感想などを自由に記載できるノートで、それらの内容からいくつか抜粋されたものが「谷中村たより」に掲載されています。

谷中たより 第58号と記載された「谷中村たより」ですが、この号には藤岡町にある田中霊祠の扁額の文字が、鳩山由紀夫元首相の祖父、鳩山一郎元首相によってかかれたものであるとの記事が記載されています。なかなか良いコミュニケーション手段であると感心させられました。

谷中村遺跡 帰りがけに、先の共同墓地の一部分が囲われているのが見てとれます。

谷中村遺跡 何なのかが分かりませんでしたが、「ヌマトラノオ」というサクラソウ科の草花であることが、先の「谷中村たより」に記載されていました。

ここを訪れた方が、この花を見つけてスケッチしたことを連絡ノートに書かれていたのを、、守る会の方がその花の周りを囲ったのではないでしょうかね。小さな花ですが、白い花が綺麗でした。

日本の公害の原点である(日本で最初の公害)足尾鉱毒事件の一端を垣間見ることができ、また公害を身近に感じることができる貴重な体験をしました。
恐らく今後ここを訪れる機会は殆ど無いと思いますが、記憶だけはしっかり留めておきたいものです。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks