はじめに

この「いわき散策記」をはじめたのが昨年(2009年)の8月1日でした。
それまで10回散策を行い、今回が11回目でちょうど1年を終ろうとしています。早いものでもう1年が過ぎようとしています。 もともとは「小名浜花火大会」を見ることが目的でしたが、折角なのでとあちこち巡ってみると結構興味深い数々に出会いました。
その後行かざるをえない重大要素があったとしても、本末転倒ながら散策にのめりこんでいくこととなってまったのです。
当然のことながら最初のうちはメジャーな観光地を巡ってきたのですが、だんだんとメジャーな観光地も少なくなり、反対にマイナーな見所を散策するほうが面白くなってきたのも否めません。確かに市としての面積が広いこともあって見所はたくさんあり、それゆえの見所も満載です。
しかし、最大の魅力はなんと言っても海があることでしょう。
先日ネットに出ていた「U字工事」のネタではありませんが、47都道府県ある日本で海のない処はたったの8県なのです。
関東地方では私の居住している「埼玉県」をはじめ「群馬県」「栃木県」の3件。中部地方では「山梨県」「長野県」「岐阜県」の3県。そして近畿地方の「滋賀県」「奈良県」の計8県なのです。
だから何、といっても特別な意味はないのですが、長年海無し県(内陸県)に住んでいると、何となくイメージが暗くなりがちのような気がしないこともなく…、ま、何となく湘南とかという響きに弱いというところは否めませんが、房総という響にはそれ程まけることは無いでしょう。
それと同様に「いわき七浜」といわれるくらい海岸線の続いているいわき市は、それだけで十分な魅力を備えているといっても過言ではないでしょう。そんなところにも魅かれた結果の散策記となったかもしれません。

そんなこんなで今月の7月も3、4日の土日にいわきに向かいました。
当たり前のことですが、今回は梅雨時期もあって天候にはあまり恵まれませんでした。当然そんな予測もあったことから今回は海ではなく内陸の散策を行う予定としました。
やはり雨の海岸線は気分も余り良くありませんからね。
海がなくても見所はたくさんあるので、今回もまた興味深い散策ができることでしょう。来月の8月は1回休みとなりますので、その分も楽しむことにしましょう。

参考:【いわき市オフィシャルサイト】 http://www.city.iwaki.fukushima.jp/

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks