三森治右衛門

ここからは三森治右衛門をさらによく知るための散策です。
当然ながら治右衛門は亡くなっていますが、無くなったときには仏となり、更にその後、神にまでなっているのです。
実に興味深い話しではないでしょうか。

水守神社

ここから上流に遡ると【いわき散策記 vol.6】でおとずれた「大国魂神社」の神橋を通り、その先の「水守神社」に続きます。
水守神社ちょうど交差点の角に鳥居があり、その近くには多くの石碑や記念碑などが建立されています。

水守神社社号標社号標には「愛谷江開削祖 水守神社」と刻まれています。まさに水守…、三森ではなかったでしょうか。

そこのところは由緒によって知ることができます。

水守神社由緒

神社創建は、昭和26年3月15日(宗教法人令による届出に依る)全面改築による神殿輪奐創成は、昭和30年5月17日。社名は水守神社と称するが、祭神は三森治右衛門光豊命である。即ちその姓は三森で社名の水守と甚だ語呂が合うことは洵に奇しき因縁と申すほかはない。水守の語意は古来神代のむかしより「天之水分神」というなど深遠なる神観概念の伝統を引くものと云えよう。実に灌漑面積510余町歩の水を守り育て給いし有り難く忝き生き神で有り給えた。
命は平藩主内藤公の微臣なりしが、沢村勝為公を助けて共に小川江を穿った人である。いま、しばらくその実績を尋ねれば次の如くである。
命は寛永13年(1636年)4月7日、平鎌田なる工匠光隆の子として生まれる。16歳にして時の平藩主内藤忠興公(内藤氏五代、平藩主二代)に出仕し、三森内匠と称し、沢村勝為の下にあって小川江開削工事に従事したが、主勝為故あって藩公より死を賜り、自刃して果つるや(明暦元年7月14日)命、慨然として奮起し身を以て之れに任じ、大室、大森の二洞を穿つ。
かくのごとき貴重なる経験を以て藩命(六代義慨公)を受けた命は、延宝2 年(1674年)3月、39歳の男盛りで工を愛谷に起し、夏井川に堰し、愛谷堰の開削に従事する。先ず76間の岩脚を洞して水を容れ、水勢を奔放せしめ東南川中子に走る。好間川に槽(樋)架すること170尺、水めぐりて平町の東に出る。支流は平町の西を貫きて長橋に灌ぐ。幹流は更に東して槽(樋)を古川に架し、専称寺の麓をめぐって山崎・菅波・荒田目・上下大越・藤間を潤おす。下高久に至り槽を荒川に架し、余流を導きて沼之内に注ぐ。この間紆余曲折4里5 町余に及ぶ、この間、閘門を設くる大小14、灌田実に510余町歩。
小川江と並んで当地方の水利ほぼ全きを得五穀豊穣に導かれた。命の功筆舌のよく及ぶべきものではない。
逸話に次の事あり。小川江、愛谷江開削に指導的役割を果した光明寺住職観順和尚は殊の外命を信頼したという。蓋し命は人格円満、達識の士たりしことが窺われる。工事延長4里に余り灌田500町歩に余る長さと幅、而かも数年間[延宝7年(1679年) 完成という][大国魂神社【石室記】に『延宝7年春ここまで開削した』との記事がある]に及ぶその間の労苦は並大低ならず人夫を統率する人徳とその技術また卓越せるものあったであろう。元禄7年(1694年)11月17日、58歳を以て世を去られた。天寿を全うせりとは申さざるまでも、主勝為公の如く悲憤の死に遭遇しなかったのはせめてもの慰めであろう。
測量には、特に夜間は提灯を用いて高低屈曲の度を測った時代であった。その他土砂の掘削運搬、岩石の破砕等その技術・機械器具の能力に於ては現代の何万分の一にも満たぬ時代であった。後世磐城処士大須賀次郎(父は当代一流の儒学者神林復所。子は明治、大正の俳壇に勇名を馳せた大須賀乙字。
【磐城史料】その他多数の著あり、また書画を好くした)をして『三森扇の功、後に加ふるなし』と感歎せしめた。
今日のいわき市、もとの十三ケ町村510余町歩は主として命の恩沢を享けて居る。今人は固より子孫永世に亘り命の神恩を仰ぎ謝すべきである。』(「水土里ネット愛谷堰」サイトより)

ということで、祭神が語呂あわせで良いのか、という議論はこの際無視して、いわきの多くの人々が直接、間接的にその恩恵にあずかっていると考えると、祭神として祀られるのももっともな事だと思えます。
愛谷渠碑参道の右側にある石碑は〝愛谷渠碑〟という記念碑で明治時代の伯爵で内務大臣であった副島種臣の篆額の碑です。

愛谷江筋改修の碑そしてここににある石碑を知ると「愛谷江筋」の歴史が垣間見れるようです。

道路側にある石碑の碑文によると、昭和16年の洪水で愛谷堰は大破して通水不能になったようです。関係農民総出で昼夜兼行で復旧工事をしましたが、流水量が少なく水不足となってしまったようです。そこで県に願い出て昭和18年改修となったのですが、戦争中だったため資材が乏しいため工事は頓挫しました。昭和22年になってやっと着工したと書かれているそうです。
農魂更に参道の左側にある「農魂」という碑文には、年々老朽化が甚だしく、水路も護岸も崩壊を繰り返すようになり、抜本的な解消のため三面舗装工事を13年かけて行われ昭和47年に完成したそうです。

しかし昭和46年の台風25号で愛谷堰は完全に壊れ、昭和48年、県が37.700万円の巨費をかけて自動稼動堰を造りましたが、これは現代技術の水を集めた画期的な堰であると記されているのです。
このように様々な苦労と労力によって愛谷堰と愛谷江筋は守られ続けたのです。

三森治右衛門の墓そして先の〝愛谷渠碑〟石碑の隣にあるのが「三森治右衛門の墓」で、さらのその隣が頌徳碑だそうです。


頌徳碑には以下の内容が刻まれています。
●白鴎居士が愛谷江の開削者、三森治右衛門の法名であること。
●愛谷江は小川江とともに平藩の新田開発事業であること。
●治右衛門は平藩主内藤公の命を受けて沢村勘兵衛の死後、寛文の頃設計に着手し、延宝年間にの竣工した。
●好間村愛谷から豊間沼の内にいたる延長4里に及び、領外高5000石以上の増収を図ることができた。
●この墓碑は現在の地より東方に建立されていたが、昭和11年秋、国道改修により延命地蔵とともにこの地に移された。
と、いった内容です。

更にその隣の石碑にはこう書かれています。

『この白鴎居士の墓碑は鎌田町地区を中心とする有志により白鴎居士頌徳会が組織され、いわき市平鎌田地区内に建立された。
以来祭事執行等が行われていたが会員の高齢化や世代交代が進む等諸諸の事情を勘案し、頌徳会と愛谷堰土地改良区、両者協議の上この地に移設した。
今後は愛谷堰土地改良区が司祭し、白鴎居士の遺徳を稱え後世に伝承したい。
平成20年2月 愛谷堰土地改良区 理事長 木田和男』(現地石碑碑文より)

ということで、この頌徳碑は2度移設されたということです。
三森治右衛門の墓そして、三森治右衛門の墓もまたこの「水守神社」前に移されたということでしょうが、確かに一番相応しい場所かもしれません。

墓所にお参りしてから参道を進みます。

愛谷江筋鳥居の先の神橋の下は当然ながら「愛谷江筋」です。

愛谷江筋愛谷江筋そこから結構な段数の石段を数段登ると先ほどの神橋と愛谷江筋を見て取ることができます。

甲塚古墳更に数段登ると【いわき散策記 vol.6】でおとずれた「甲塚古墳」を見ることができます。

以前は12月でしたが、今回は青々とした「甲塚古墳」を眺めることができました。
水守神社水守神社そして石段を上り詰めると水守神社の社殿となります。

先の由緒にもあったとおり、創建が昭和26年ですから神社としては非常に新しいといって良いでしょう。その割には社殿も風格があります。
ここでも参拝をしましたが、同一の神仏ともに同一の場所で参拝するのは珍しいかもしれません。
水守神社ちなみに社殿を見ると拝殿には全く何もなく幣殿に太鼓が一つ置かれていて、後は本殿があるのみの実にシンプルな社殿です。

水守神社眺望境内を樹木が大手いて眺望は余りありませんが、参道部分だけ見ると実に眺望の良い高台に鎮座しています。いつでも「愛谷江筋」を見つめているということでしょう。

三森治右衛門の偉業を偲びながら「水守神社」を後にしました。

延命地蔵堂

「水守神社」から江筋沿いを上ると如来寺、そして由緒にあった専称寺を通り平市街へ進みます。
如来寺、専称寺は【いわき散策記 vol.3】で訪れましたが、そのそれぞれ寺院の前に流れているのが「愛谷江筋」でした。訪れたときにはそれが「愛谷江筋」とは知りませんでしたので、今回このような関連にちょっとした感動を覚えます。
そして平市街に入った江筋は地中に潜ります。恐らくこれは水路の上に道を作る暗渠ではないかと思いますが、江筋は暗渠で北上し、常磐線の手前で再び地上に出て常磐線を潜っているようです。
延命地蔵堂その江筋の走る平市街の一角に「三森冶右衛門の墓碑」のあった「延命地蔵堂」があります。


地蔵堂の由来
1.由緒
本尊は当時の領主内藤能州候(4代(1669~1712年)能登守義孝)の勧請する処にして霊験の無量なる、能く世間の病苦を救い殊に安産守護祈願のために一字を建立す。
1.建立:元禄15壬午年7月23日(1702年)
1.本尊仏:延命地蔵尊(木像) 脇仏 御前建地蔵尊(木像)
1.祭日 8月23日(毎月23日二十三夜講)
○文化11戊年明治29年3月10日火災により罹災
昭和54年2月建之 信徒総代会一同』(現地案内板説明文より)

交差点の角の、所謂片隅にこじんまりとあるのですが、歴史的には随分と由緒あるのに驚きました。
延命地蔵堂正面にある小さな堂が「地蔵堂」です。

白鴎居士墓所跡そして境内に入ったすぐ左手に石柱があり「白鴎居士墓所跡」と刻まれています。

「水守神社」の頌徳碑にあったように、元はつい2年前めではここに墓所があったのですね。なんとなく感慨深いものがあります。
現在、毎年8月20日には、この近くの夏井川でいわき市の〝夏井川流灯花火大会〟が開催されていて、もともと水難事故や河川工事犠牲者の霊を供養することから始まった大正時代から90年以上にわたり続いている伝統行事だそうです。
第1部は延命地蔵堂と河川敷にてじゃんがら念仏踊りや笠踊り、梅ヶ香盆囃子、さらに灯籠流しが行われ、第2部は花火が打ち上げられるのです。このような伝統行事も「白鴎居士墓所」があったことと無縁ではないように思われるのですが…。
地蔵堂をお参りして先に進みます。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks