治右衛門の堰

治右衛門を知って、いよいよここからは「愛谷江筋」のクライマックスとも言うべきところです。
江戸時代の最高の学問と技術を結集して造られた「愛谷江筋」の謎に…、迫るほどの謎はありませんが、一端を垣間見ることのできる地域を巡ります。

好間川サイフォン

常磐線をくぐった「愛谷江筋」はしばし北上すると平梅香町に到達します。
この平梅香町には東側を流れる夏井川から分かれた好間川が「愛谷江筋」の行く手を阻んでいます。そしてこの好間川を渡った先は好間町川中子になります。
「愛谷江筋」では最大の難工事と言われているところのようです。

いわき駅方面から北上した「愛谷江筋」は住宅街の中でもその存在感を誇示しながら、町の風景に溶け合った情緒を感じます。
愛谷江筋交差する路地を分断しているので、そのぶん小さな橋がいくつも並んでいるのは、さも水郷地域のような風景です。

勿論あじさいも咲いているのは言わずもがなです。
愛谷江筋愛谷江筋そして江筋が突き当たるのが好間川沿いの土手となり、江筋はその土手の下を潜っています。

好間川土手の上にのぼってみると、好間川が流れていて対岸の土手には何やら赤い水門のようなものが見えます。

恐らくこの下辺りを江筋は流れているのでしょう。

このような川の立体交差は確かに江戸時代のようなコンクリートや重機のない時代には難工事だったでしょうが、ノウハウやそれなりの技術はかなり開発されていたのです。
川同士の立体交差の方法には2通りあります。
1つは川(本流)の上を通す〝掛樋〟で川の上に樋を架け両側に桝を置いて落下する水の勢いで水を通す原理のものです。意外と身近にあって私の居住している上尾市に「瓦葺掛樋」の遺構が残っており、また、【長勝院のハタザクラ】で訪れた志木市にも「いろは樋」という〝掛樋〟の遺構がありました。
もう一つが川の下を通す〝伏越〟です。
これは水孔の水位が入水孔と同じ高さになるというサイフォンの原理を逆さにした〝逆サイフォンの原理〟を活用したものなのです。
サイフォンの原理で身近に理解できるのが冬期のストーブに灯油を入れるポンプといえば理解しやすいでしょう。それを逆さにしたものですから…、理解しにくくなってしまいます。まあ、知りたい方は様々なサイトで解説していますのでそちらを見たほうが早いでしょう。
というように江戸時代においても幾何学・力学的学問の水準が高かったということの証となる事例でしょう。
この〝伏越〟が初めて作られたのが金沢の辰巳用水だそうで、1634(寛政11)年ということでまさに江戸時代初期にはこれらの学問が確立していたと言えるでしょう。
因みにやはり上尾市の隣接町の白岡町には柴山伏越とよばれる〝伏越〟があるので、いづれ訪れてみようと思います。

それでも実際の工事となると確かに大変だったのでしょうが、江戸時代には多くの遺産ともなるべき建造物や建築物が数多く残っていますので、当時のヒトから言わせれば、それほどのものでもない、とでも言うかもしれません。
それではここから好間川の向こう岸に行ってみることにします。

愛宕神社

平梅香町から迂回して好間川の土手を渡る橋に向かいます。
車が2台すれ違いのできない橋を渡り、土手を下ると右手に神社があるので寄ってみることにしました。 ここは予定にはない神社です。
愛宕神社真っ赤な鳥居の横に鐘楼があり「福島県指定重要文化財 銅鐘」の標柱がありました。

愛宕神社鐘楼愛宕神社鐘楼この釣鐘は昭和初年に廃寺となった旧成福院という寺院の銅鐘だったそうで、今からおよそ250年前の延享4年(1747)に、平梅香町の鋳物師・椎名久兵衛国光と同長次郎によって造られました。

太平洋戦争中各地の梵鐘は、金属不足から供出させられたのですが、この銅鐘は烏天狗の絵や京都愛宕山の風景の絵が浮き彫りに描かれていることと、4つの区分に刻銘があって作者年代が明瞭であることなどから貴重な工芸品であるとして供出せずに済んだそうです。
戦争を潜り抜けたというだけでも貴重といえるのでしょうね。

参道を進むと境内の左手に愛宕神社碑があります。

愛宕神社由緒
大館の城は応永14年岩城朝義により築城が計画され、その子常朝によって完成間近となり、その子清胤によって応永18年天下に誇る城が完成した。清胤の子岩城下総守隆忠は応永19壬辰年(1412年)平市薬王子台に愛宕神社を勧請し軻遇突智守を祀った。その後天文元年(1532年)岩城民部大輔由隆が大館城外柵を築くため川中子に遷社し寛永4年(1707年)再建され現在にいたっている。この地は円墳の上部を平らにして社を建てたので社とともに保存されるべきものである。
昭和40年12月 福島県史学会員 大塚一二
昭和59年3月24日 今新田社総代 入江義一 建之』(現地愛宕神社碑碑文より)

岩城家による神社といっても過言ではないような由緒です。
愛宕神社境内参道の先を見ると社殿には石段を上がっていくようになっているので、この社殿のあるところが古墳なのかもしれません。

円墳の上部を平に…は実に面白い内容ですが、戦国時代などでは古墳も何も関係ない時代だったのでしょうから、仕方ないことでしょう。
愛宕神社境内石段の両脇に〝湯殿山〟石碑と〝庚申〟塔が置かれています。


愛宕神社境内そしてこの古墳というか、社殿を覆っている木は保存木の「イチョウ」です。


保存樹木等指定標識
樹種名 イチョウ
およそ1億年前の中生代、恐竜と共に栄えた樹木で「生きている化石」です。日本では氷河期に一時消えましたが仏教文化と共に中国から伝来し寺院や神社に植えられ、今では庭園樹や街路樹として、再び栄えています。雌雄異株、ギンナンは種子で食用にされたり、地域の気候緩和大気浄化や緑陰提供など、環境維持の担い手になっています。
樹高29m 幹囲4.4m
師弟昭和58年12月14日 指定番号83』(現地案内板説明文より)

イチョウはそれほど古いのですか、意外と知らない事実で驚きです、イチョウはかなりポピュラーですからそのような歴史を考えたこともなかったですね。
それにしてもかなりな古木・巨木ですが、さすがに樹齢1億年はないでしょう。
愛宕神社社殿そのイチョウに囲まれた社殿で参拝をしてからこの先にある「愛谷江筋」に進みます。


川中子土砂吐ゲート

歩いてもいける距離ですが、車で2.3分の「愛谷江筋」の川中子側へ向かいます。
愛谷江筋愛谷江筋ちょうど「愛宕神社」の裏手に「愛谷江筋」が流れており、ちょうど下流に下った形で好間川の土手に突き当たります。

愛谷江筋こちらにも江筋沿いにあじさいが植栽されていてあじさいを眺めながら散策すると土手に突き当たった水孔を見ることができます。

ここから逆サイフォンで梅香町へ流れていったのです。
愛谷江筋左側の青色のハンドルは〝川中子土砂吐ゲート〟と呼ばれているところで、鋼製スライドゲート・手動ラック式だそうです。

排水用に造られているもののようで、洪水などで江筋の水位が高くなるとこちら側に流れて江筋の水位を一定に保つといった機能を果たしているのではないかな、と推測しています。こう言ったものが江筋沿いにはいくつもあるのでしょう。
愛谷江筋ゲートの先は細い溝になっていて、その先に〝川中子第2排水機場〟というプレートの付けられたポンプゲートシステムがあります。
仕組みは良くわかりませんが。完成年が平成22年3月とありますのでついこの間完成したばかりのポンプゲートです。

愛谷江筋そしてここから土手を通過して好間川に流れる仕組みで、好間川への水孔のゲートが先ほど対岸から見た赤い水門だったのです。


江戸時代、どのような苦労とどのような努力で完成させたのかはわかりませんが、先人たちの知恵と努力によって現在があるといってよいのでしょう。歴史には付きものですが、改めてそんなことを考えさせてくれる江筋です。
愛谷江筋そして再び「愛谷江筋」の上流を目指します。


愛谷堰

雲行きもだんだん怪しくなり、時折パラパラと雨粒が落ちてくる状況なので先を急ぎラストスパートで、 一気に夏井川の愛谷江筋堰へ向かいます。
平赤井地区に向かって進むとちょうど県道248号線とJR常磐東線のつながる愛谷踏み切りの辺りで「愛谷江筋」は地下に潜るようです。
逆に言えば夏井川から取水された江筋は一旦地下をとおり、この愛谷踏み切り辺りで地上にその姿を最初に現すという感動を得られるところかもしれません。
愛谷江筋下流方向こちら側が下流方向です。

愛谷江筋上流方向そしてこちらが上流方向で、樹木に覆われている辺りで地下に潜っています。

愛谷江筋上流方向更に近づいてみると江筋はこのような形で始まっているのです。

そしてこの江筋の地上への始点は樹木に覆われているため非常にわかりずらく、かつて落ちる方が多かったのかもしれません。
愛谷江筋上流方向現在では柵で囲われていて〝キケン〟の張り紙が立てられています。

するとその先のちょっと小高いところに石碑のようなものがあるのでいって見ました。
愛谷江碑かなり大きな石碑で〝愛谷江碑〟と刻まれています。

碑文の最初には「愛谷堰改修記念碑」と刻まれています。碑文を完全に読むことはできませんでしたが、「水守神社」にあった昭和16年以前のことのようで、どうやら昭和2年に洪水で愛谷堰が破壊され昭和7年に改修された時の記念碑のようです。
石碑の建立日が昭和8年5月となっていますので、水守神社にあった愛谷堰の改修以外にもきっと幾多の改修があったのかもしれません。

愛谷頭首工そしてここから車で2、3分先が愛谷堰、正式には「愛谷頭首工」と呼ばれる夏井川にあるゲートの到着です。

愛谷頭首工夏井川を横断する愛谷堰で、シンプルな小川堰とはまた違った迫力のある堰です。

それもそのはずでさすがに3億8000万円を掛けただけありそうです。施設概要は以下の通りです。

施 設 概 要 全可動式ローラーゲート
堰   長 106.75m
取 水 量 Qmax=3.03m3/sec Q=2.48m3/sec
最大洪水量 2,017m3/sec
土 砂 吐 10m×2.5m 1門ローラーゲート
洪 水 吐 30m×1.5m 2門ローラーゲート、23.75m×1.5m 1門ローラーゲート
取 水 門 1.5m×1.2m 2門スルースゲート
魚   道 巾3.0m 勾配1/10
護 岸 工 5,050m2
操 作 室 A=7.0m×8.0m

愛谷頭首工魚道といわれても全く理解できません。まあ、しいて言えばこれが恐らく魚道であろうことは想像できるのですが…。

愛谷頭首工取水口愛谷頭首工取水口そのほかにも幾つかゲートがあるようですが、「愛谷江筋」に取り込まれる取水口が一体何処なのか判らずじまいでした。

夏井川上流方向夏井川下流方向曇天ながらこの雄大な景色を眺めていると現実の堰も一瞬忘れかけるような美しさにしばし浸り続けました。

やはり夏井川はいわきの誇る名河川です。
今回「愛谷江筋」をずっと遡ってきましたが、これが一つの感動フィナーレとでも言っておきましょう。
ちなみに今回江筋を遡ってみて、気付いたことは上流から下るより、下流から遡ったほうが感動が大きいかもしれないと感じたことです。なぜなら、これが一般河川ならまだ見ぬ源流を発見、的な感動もあるでしょうから、この種の散策は遡るを基本にしたほうが面白そうです。
何はともあれ〝いわき市の偉大なる江筋〟とでも言っておきましょうかね。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks