はじめに

騎西町は今年3月に平成の大合併の最後を締めくくるように加須市と合併を果たしました。 加須市周辺の騎西町、大利根町、北川辺町の1市3町による合併でした。
この埼玉ふるさと自慢が選定されたのが2000年ですから、10年間で随分消滅(合併により)してしまった市町村の多いこと。
旧浦和市・大宮市・与野市・岩槻市のあった現さいたま市を筆頭に、旧花園・川本・岡部町が深谷市に、旧栗橋・鷲宮・菖蒲町が久喜市に、その他旧児玉町・妻沼町・庄和町・吉田町・大滝村・荒川村・名栗村・神泉村などが合併となったのでした。 果たして合併した後にこの100選が選定されていたなら結果はどうなっていたでしょうか。
勿論、これから訪ねる土地も多くあるので合併後に何か変化があるのか、それもまた興味深いことです。

騎西町では残念ながら「埼玉ふるさと自慢100選」ではジャンルAで「玉敷神社の藤」が64位で選外となってしまいました。
それでも玉敷神社の藤と神楽は有名で、特に神楽は埼玉県で【東鷲宮百観音温泉】で訪れた鷲宮神社の神楽とともに、この2つの神楽のみが国指定の重要無形民俗文化財となっているのです。
そのような興味深い処ながら行く機会がなかったのですが、今回「あじさいまつり」があるとの情報を得たのでせっかくの機会とばかりに訪れることとなりました。
もともと毎年、5月の「藤まつり」とともに6月の「あじさいまつり」として実施されていたようですが、何と言っても〝藤〟のイメージが強かったこともあり、〝あじさい〟の知名度はいまひとつのようでした。
今回は加須市合併記念ということもあり、PRに力も入りこうして耳に届くことになったのですから、さすがに合併の力は大きいなどと細かなことを考えてしまいます。

PRパンフレットにはこのように書かれています。

『新市誕生記念 加須市騎西あじさい祭り
■期間:6月1日(火)~6月30日(水)
■場所:ふじとあじさいの道、玉敷公園など
■イベント
◇6月20日(日)9:30~15:00 ふじとあじさいの道、玉敷公園など
・あじさいガイド(旧河野邸、あじさいロード、騎西総合体育館、騎西城)
・あじさいロードスタンプラリー(賞品=あじさい鉢植え)
・色々なあじさいの展示
・人力車乗車体験
■問い合わせ:騎西観光協会』(パンフレットより)

スタンプラリーであじさいがもらえると聞き、打算的バカ夫婦は6月20日に行くことにしたのでした。何となくお得感一杯のイベントで逸る気持ちを押さえ… もせず朝9:00には早くも出発し、騎西町は近いぞ、あっという間の30分ほどで到着です。
到着と同時にイベントを知らせる花火の音が聞こえてましたから、実にナイスなタイミングでした。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks