北浦和公園

自宅からニューシャトルで大宮駅経由で約30分、JR北浦和駅に到着です。
埼玉県には浦和と付く駅名は多く、JR京浜東北線の浦和・北浦和・南浦和、JR武蔵野線の東浦和・武蔵浦和・西浦和、JR埼京線の中浦和、そして埼玉高速鉄道の浦和美園の8駅あるのですが、このうち降車したことの無い駅は北浦和と中浦和の2つだけでしたが、これであと1つになりました。

北浦和駅西口

埼玉県立美術館は、JR北浦和駅西口を下りて駅前のロータリーから美術館のある公園の樹木を確認することができるほどすぐ近くにあります。
北浦和駅前
駅前ロータリーから1、2分歩くと北浦和駅入口交差点となりますが、その交差点の手前に2つの碑が立っています。
記念碑
一つは「北浦和駅西口 開設記念碑」で、もう一つは「埼大道路貫通記念碑」というものです。
北浦和駅は、1936(昭和11)年に請願駅として駅が開設され、その5年後に西口の開設を計画し、1947(昭和22)年に北浦和駅西口が開設されたのです。これは“駅前広場造成と共に駅西口開設”を目的とした浦和第二土地区画整理組合事業として行われたのですが、実際には北浦和駅西口開設後、1960(昭和35)年に西口周辺が整備され、1968(昭和43)年の駅舎改築を持って終了された事業だったのです。
北浦和駅開業後、実に20数年をかけて整備されたというかなるスローペースの事業だったのですが、それを記念して1968年に建立された碑なのです。因みに碑の揮毫は、第4代国鉄総裁十河信二によるものです。
そしてもう一つの「埼大道路貫通記念碑」は、西口周辺整備と同じように、西口から埼玉大学へ通じる道路の整備完了を記念してのものです。
現在、この通りは国道463号線で越谷市から入間市までを結んでいます。元々は越谷~浦和の「浦和越谷線」、浦和~所沢の「浦和所沢線」、そして所沢~入間までの「入間所沢線」の各県道を1993年に1つにまとめて国道化したものですから、そういった意味での整備は遅かったのでしょう。
確かに昔は私も“ウラトコ線”といっていた記憶がありましたので、感覚では極最近まで「浦和所沢線」だったのです。
いずれにしても、地元の人々の熱意と意気込みを感じさせる碑といえるのでしょう。

交差点から前を見渡せば北浦和公園の入口が見え、「草間彌生」の大きな告知看板を見ることができます。
北浦和公園入口と埼大通り
そして公園の右側にある通りが前述した「埼大通り」なのです。
交差点を渡ると「埼大通り」沿いに案内板があります。

日本一長いけやき並木 (一般国道463号)  
このケヤキ並木は昭和48年から53年にかけて、道路整備にあわせて植えられた物です。
浦和市から所沢市まで、延長約17km2,417本が植えられており「日本一長いけやき並木」として、また「新・日本街路樹100景」に選定され広く県民に親しまれています。
埼玉県
(現地案内板より)

この「けやき並木」が通称・埼大通りと呼ばれる国道なのです。
埼大通り
17kmあるので、どこかしらの区間は通ったことは何回もありますが、スタート地点に来たのは初めてです。ちょうど新緑の季節でもあるので緑が綺麗に並んでいます。これからの夏には道行く人に涼しさを提供するのでしょう。
因みにこの“けやき”は、昭和41年9月5日に埼玉県の「県の木」に指定されています。

北浦和公園

早速、北浦和公園にはいりますが、先ほど見た「草間彌生」の大きな看板がまた一際大きく見えます。
北浦和公園入口 草間彌生展
余計なことながら、一言だけ付け加えておきますが“樹木希林”ではありません。
今日、美術館で行われている企画展はこちらの内容です。
展覧会内容告知
かなり盛りだくさんの内容といえるでしょう。
公園入口から中央の園路を進むと真ん中に彫刻が展示されています。
“エミリオ・グレコ”《ゆあみ(大)No.7》
作品は“エミリオ・グレコ”の《ゆあみ(大)No.7》というタイトルです。
“エミリオ・グレコ”《ゆあみ(大)No.7》
イタリアの彫刻家で日本でも人気だそうですが、名前くらいは・・・、程度しか知りません。
この「ゆあみ・・・」のように、左手を上方に伸ばし、顔を左に向け、体全体をねじるように捻ったポーズがグレコの典型的なスタイルなのだそうです。
しかし、あまり艶めかしくならないよう、髪を鋭角に刻んで、下半身の衣服は引き締まった線で表現しているのだそうです。
“エミリオ・グレコ”《ゆあみ(大)No.7》
やはりアートは難しいですねえ。

このブロンズ像をまっすぐ進むと美術館なのですが、急ぐわけでもないのでまずは公園内を散策してみます。
ブロンズ像から右手に先ほどの「埼大通り」沿いを散策します。
植え込みの中に記念碑が建立されていて「献眼顕彰碑」と刻まれています。
献眼顕彰碑

光と愛
目の不自由な人のために愛の光を捧げようと昭和62年11月財団法人埼玉県アイバンク協会は設立されました。
人生にとって最も悲しい「失明」という暗黒世界に悩む人々に角膜を提供して光を取り戻すことへの善意を示された150名を超える方々こそ人として出来る人生最高の奉仕者です。
本協会設立10周年記念事業として、その栄誉を永く讃えてご尊名を刻み、ここに献眼顕彰碑を建立致しました。
平成10年10月10日
財団法人埼玉県アイバンク協会 設立10周年記念実行委員会
(現地碑文より)

少々個人的なことを。。。
彼是4~5年前、水疱性角膜症という角膜に水分がたまる病気を発症し、結局、角膜移植を受けることとなりました。
その際に提示された方法が2種類ありました。
1つは健康保険によって手術を受ける方法で、当然、コストは低いのですが、国内のアイバンクにある角膜を使用するため、順番待ちとなり最低2~3年は待つことになる選択です。
2つめは海外(アメリカ)のアイバンクの角膜を移植する方法で、これはすぐ手術ができるのですが、保険が適用されないのでコストはかなり高くなる選択です。
結局、どう考えても見えない(当時はかすみがかった程度ですが)ままでは仕事にも支障をきたすので、保険無しの手術を受けたのです。
その際にアイバンクの方から聞いた話によると、国内ではアイバンクの登録が非常に少ないのが現状なのだそうで、アメリカでは1年間に2万件(記憶違いでなければ・・・)くらいの提供があり、移植用や研究用に使用してもまだ余っている状況なのだそうです(当時のこと)。 そうは言っても現実的に移植費用(手術・入院費等)で当時100万円以上掛かるものを、誰でもが簡単に受けられるわけではないのです。そういった事実を知ると献眼の重要性をより身近に感じてしまうのです。
流石に現在は献眼できませんが、少なくとも臓器提供を含めて免許証に提供の意思表示は示してありますが、特にドナー登録などをしていないので、いずれできることはしたいと思っています。
因みに角膜移植1年後に白内障となり再度手術を受け、かなり乱視に苦労していますが、まあ、何とか生活に支障をきたすことはなくなりました。
但し、先日献血をしようと申し出たのですが、角膜移植をした人は献血できないのだそうで、ちょっと寂しい想いに駆られたのも事実です。そんなこともあって思い入れの強い顕彰碑だったのです。

その先を進むと同じように生垣に記念碑が立っています。
下總皖一顕彰碑

下總皖一(覚三)は明治31年3月31日埼玉県原道村(現大利根町)に生れる。
埼玉師範学校、東京音楽学校卒業後、各地の師範学校で教鞭をとる。昭和7年ドイツに留学、パウル・ヒンデミット教授に師事、作曲を学ぶ。帰国後、母校音楽学校に引き続き、東京芸術大学音楽学部教授として、作曲、音楽理論、音楽教育などに、大きな足跡を残し昭和31年同大学音楽学部長となる。
永眠されたのは昭和37年7月8日であった。
「たなばた」「ほたる」「花火」など広く親しまれている歌の数々、多くの合唱曲、「管弦楽のための変奏曲」「主題と変奏(弦楽三重奏)」「クラリネットのための三つの小品」「筝独奏のためのソナタ」などの作品と、「和声楽」「対位法」「日本音楽理論」などの著書がある。
日本の作曲界黎明期における先達として、あまたの作曲家、教育界を育てる。ここに十七回忌にあたり、友人並びに薫陶を受けた人々が相集い、ゆかりの地に、永く業績を称える碑を建てる。
昭和53年7月2日
下總皖一顕彰碑建立会
(現地碑文より)

下總皖一については【下總皖一】でふるさとの旧大利根町を訪れたので、凡そは判っていて、ここ縁の地とは卒業した当時の埼玉県師範学校(現・埼玉大学)があったからでしょう。
それにしても個人的に意外と身近な碑が2つもあったのも何かの縁かもしれません。

噴水池と彫刻広場

顕彰碑の後が「噴水池」となっていて、ちょうど現在噴水が出ています。
音楽噴水 音楽噴水
後で知ったのですが、この噴水は音楽に合わせて噴出するもので、1日に何回か時間が決まっているのだそうです。ちょうどラッキーだったようです。
しばらく噴水を眺めてしまいました。
音楽噴水 音楽噴水
角度を変えるとまた光景も違って消えるのですが、右側から見るとサックスのオブジェが設置されています。
《風の中で》
音楽をテーマとした噴水とオブジェで、まさに池全体がアートといえそうです。
このオブジェは《風の中で》という作品で西野康造の作品です。
第12回神戸須磨離宮公園 現代彫刻展 埼玉県立近代美術館賞を受賞したことから、ここに展示されているのです。 加工の難しいチタンのワイヤーを編みこんで造られたもだそうです。
これからの季節、この音楽噴水は憩いの場として絶好の場となるのでしょう。

ここから更に西に進むと彫刻広場というエリアに突き当たります。
彫刻広場
いくつかのオブジェが設置されていますが、その中に一つ変わったものがあります。
中銀カプセルタワービルの住宅カプセルです。
中銀カプセルタワービル 住宅カプセル

中銀カプセルタワービル 住宅カプセル
黒川紀章
■竣工:1972年 ■カプセル寸法(外部):幅2,681cm 奥行き418.1cm 高さ278cm ■間取り:ワンルーム、約10㎡
《中銀カプセルタワービル》は、世界で初めて実用化されたカプセル建築です。1960年代、建築家の黒川紀章、菊竹清訓らによって提唱された日本初の建築運動「メタボリズム」のシンボル的存在でした。メタボリズムとは、生物学用語で新陳代謝を意味し、生物が代謝を繰り返しながら成長してくように、建築や都市も有機的に変化するようデザインされるべきだという思想です。
これは《中銀カプセルタワービル》のオリジナルカプセルのひとつを、1972年の建てられた当時の仕様に修復したものです。ユニットシャワー、AV機器、電話、空調などが装備された個人のための最小限居住空間といえます。カプセル1基の制作費が、1960年代に流行した乗用車トヨタカローラ1台分以下となり、話題となりました。黒川紀章は、世界初のカプセルホテルをはじめ、当時、数々のカプセルを設計しました。
(現地説明書より)

この地に展示されるのは、埼玉県立近代美術館の設計が黒川紀章であったことからのことのようです。
中銀マンシオンについては、【「新橋・汐留」彷徨】で訪れたことがありましたが、60~70年代では近未来的で革新的な建造物であったのでしょうが、結局現代においては取り壊しとなったのです。


※この度“この中銀マンシオンは現在まだ取り壊されておらず、立替決議も時効になっていて、更にこの公園にあるカプセルはあくまでモデルカプセルで現物ではない”との貴重なコメントをいただきました。
ご指摘・アドバイスに感謝いたすとともに、訂正させていただきます。

2012.09.06 薄荷脳70 記


内装もまたこのように当時としては斬新なイメージだったのでしょう。
中銀カプセルタワービル 住宅カプセル 中銀カプセルタワービル 住宅カプセル
当時の“メタボリズム”の思想が現在も生きているかどうかは不詳ですが、少なくとも、この展示は今後建築史や文化史にとっては貴重なものとなるはずです。

左手にはまるでヘビが這っているようなオブジェがありますが、これは《這うものたちの午後の眠り》という作品です。
《這うものたちの午後の眠り》
山本信の作品で、第13回神戸須磨離宮公園 現代彫刻展 埼玉県立近代美術館賞を受賞したものです。
作者による説明は、「グニャグニャと連続する極彩色の時間の化石」だ、そうです。。。
しかしながら子どもには人気の遊び場なのだそうです。

その先にあるクレーンのようなオブジェは《子午線-1993》で、サトル・タカダの作品です。
《子午線-1993》
これもまた第15回現代彫刻展 埼玉県立近代美術館賞を受賞したものです。
線路上の台車から突き出たクレーンが、現代の躍動感とスピード感を伝えているのだそうです。
《子午線-1993》
しかしながらこのマシーンは大地に弧を描くためだけの、いわば巨大なコンパスというユーモラスな作品なのです。

この彫刻広場の最後の作品は《天空へのメッセージ》で、湯村光の作品です。
《天空へのメッセージ》
ここまでくれば私でもわかります、第14回現代彫刻展 埼玉県立近代美術館賞、受賞です。
前から見るとどっしりとした角柱、横から見ると優美な曲線をなびかせ歩く人という趣です。
総重量10トンもあるそうですが、しなやかなウェーブと微妙なズレの調和で軽やかな印象を与えているのだそうですが。。。

このようにここ彫刻広場ではこの美術館賞を受賞した作品を展示しているのですが、こういったものは賞を与えたところに設置できるものなのですかね。
まあ、最もこれらの作品を自宅に置くのは、よほどの豪邸でもなければ無理でしょうからね。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks