FC2ブログ


概要

map 「ぐるっとくん」を原市の「上新町」で下車すると、目の前に東上する細道が見える。この一条の道は、原市沼を渡り、隣接の旧丸山村(現伊奈町)に達する道である。左折してこの細い道を歩くが、道路の南側は原市台団地などがあり住宅地化されているが、北側には古くからの屋敷森のある家や畑地もあり、昔日の面影を伝えてくれる。道は少々曲折しているが、五百五十メートルも歩くと原市沼北端に架かる「沼橋」に着く。沼の上流は原市沼川であるが、源流は四キロメートル北方の上尾市・桶川市境である(『上尾市地形図』)。

 江戸時代の初期には小室郷丸山に伊奈忠次が陣屋を構え、一万石の所領を持ち、徳川氏の関東支配に敏腕を振るっていた。一方原市沼の西側では、上尾下村に西尾吉次の陣屋があり、こちらは五千石の知行地であるが、有力旗本として徳川氏を支えていた。両氏が原市沼を挟んで陣屋を構えたことは、陣屋に適する地形ということもあるが、この地域が江戸城周辺の重要拠点の一つであったことをうかがわせる(『上尾市史第三巻』)。

 沼橋から河岸の細い道を歩き、原市沼川の遡行を試みる。北方へ二百五十メートルも歩くと、広い上尾環状線の道路と交差する。ここにある橋が「柳津橋」で、原市沼川の東側には小室郷の丘陵があり、その一部に現在は県立がんセンターが所在する。原市沼川の西側は旧平塚三村の丘陵地であるが、川沿いのかつての水田地帯も今は埋め立てられている。柳津橋の左手前方に、旧下平塚村の稲荷社が見えるので参詣してみる。橋より百五十メートルほど西下し、右折して七十メートルも北上すると稲荷社に着く。この神社は台地の突端の位置に所在するが、土地の古老の話によると、明治四十三(一九一〇)年の大洪水の時は南方の綾瀬川と原市沼川の合流口より大水が押し寄せ、たちまち原市沼川の谷は水面下になったという。その時、稲荷社の鳥居の先端が少々見えるほどの水位であったという。利根川・荒川の堤防決壊による大洪水の恐ろしさを、土地の古老は伝えてくれる(前掲書)。

 柳津橋に戻り、原市沼川を北上する。県道上尾蓮田線に架かる「平塚橋」に近づくに従い、かつての水田地帯も現在は工場、グラウンド、学校敷地と変化している。それでも溺谷を形成する東西の丘陵にはまだ広大な森林が残っており、遡行する人に見事な景観を見せてくれる。柳津橋から平塚橋まで、約八百五十メートルで到着となる(「前掲地図」)。
(元埼玉県立博物館長・黒須茂)-「公報あげお」より引用-

原市沼川をさかのぼる -上新町~柳津橋-

「ぐるっとくん」に乗るまでもなく、スタートは既にがんセンター入口交差点から南下する“原市大通り”で、自宅から僅か4~5分で「上新町」のバス停に到着です。
原市大通り 無人販売所
久しぶりに原市通りを歩きましたが、いつの間にやら野菜の無人販売所などがあったりして、ちょっと新鮮な風景でした。
バス停の目の前には確かに左折する道がありますが、細道とはいいながらも舗装された意外と車の通行の多い道です。
上新町バス停 一条の道
概要の通り、この一条の道を進みますが、南は右側で、北が左側です。
一条の道
右手の路地の先には以前訪れた“原市のお不動さん”こと【長久寺】があります。
長久寺方面
さらに少し進めば、区画整理のされた地区が広がり、この通りの先にニューシャトルの「沼南駅」があるのです。
沼南駅方面
一方、左側の北方面は、現在は宅地化が進んではいるのですが、確かに屋敷林等を見ることができます。
屋敷林
徐々に道も若干狭くなり、道の両側にも緑が多くなってきます。
緑の広がる道
あじさいが綺麗に咲いているのも梅雨の季節をシンボル化しています。
あじさい

そしてその先に到着したのが「沼橋」です。
沼橋 沼橋
以前に一度訪れていて【原市沼つるの話】が残る橋なのです。
こちらが下流の原市沼川で、この下流沿いを進めば【上尾歴史散歩:8 原市沼川を下る】での「原市沼」となります。
下流方面
そしてこちらが上流側ですが、この通り大きな木が倒れていて、川を横断する形で横たわっています。

川の東側(向こう側)の新幹線の先辺り一帯が伊奈忠次の陣屋址です。
伊奈忠次の陣屋址
そして川の手前側が西尾吉次の陣屋なのですが、実際に陣屋のあった場所はかなり先で、【上尾歴史散歩:3 芝川を下り、西尾氏墓所に詣でる】で訪れた地です。
西尾吉次の陣屋
したがって、決して川を挟んで対峙していたという距離ではなく、川を挟んで、そのエリアだったというべき距離感です。それでも、ここ原市や上尾下村といった地域は、江戸時代には重要な地区であったことは間違いないようで、その中心となるのがこの原市沼川といえるのかもしれません。
概要ではここから原市沼川を遡行するのですが、ご覧のように倒れた大木が川沿いの道を遮断していることから、少し迂回した道を上流方面に向うことにしました。
上流方面 上流方面迂回路
路地の左右は緑だけの何も無い状況ですが、よくよく見れば草に覆われた中に車が廃棄されています。
迂回路 迂回路からの風景 不法投棄!?
実に酷いもので、今回はそれほどでもなかったのですが、以前訪れたときにはもっと粗大ゴミなどが廃棄されていて不法投棄の道でしたが多少は綺麗になったようです。 歴史的にも見るべきところのある川沿いなので、多少は綺麗にしていただいたほうが気持ちが良いものです。
そしてその先に車の通る大きな通りが交差していて、この通りが「上尾環状線」で、この原市沼川に架かる上尾環状線の橋が「柳津橋」なのです。
上尾環状線 柳津橋

原市沼川をさかのぼる -柳津橋~平塚橋-

この「柳津橋」が上尾市と伊奈町の境界で、左手が伊奈町で右手が上尾市となります。
下流方面
そして反対を向くと、その右手(東側)が小室郷の丘陵で、茶色の建物が「がんセンター」です。
旧平塚三村の丘陵地 小室郷の丘陵
さらに左手(西側)が旧平塚三村の丘陵地で、概要どおり水田地帯を見ることはできないようです。
ここは概要どおり西にある旧下平塚村の稲荷社に向います。
旧下平塚村の稲荷社方面へ
しばらく進むと左手に建物の屋根が見えますが、これが稲荷社のようです。
旧下平塚村の稲荷社方面へ 旧下平塚村の稲荷社
そして環状線を右折してしばらく進むと右手に「稲荷神社」のバス停があり、その前が「稲荷社」となります。
旧下平塚村の稲荷社方面へ 稲荷神社バス亭
それほど大きな社ではありませんが、再建されたようで比較的綺麗な状態です。
稲荷神社 稲荷神社
この鳥居が明治期の鳥居だったのでしょうか。ちょっと新しいような気がしますね。
鳥居を抜けると社殿があり、その前には狛犬ならぬ狛狐が奉納されています。
稲荷神社
社殿の右手には「第六天社」と刻まれた石碑と祠があります。
第六天神社
第六天神社は、神仏習合の時代に第六天魔王を祀る神社として創建されたもので、明治の神仏分離の際には、多くの第六天神社がその社名から神世七代の第6代の面足命・惶根命(オモダル・アヤカシコネ)に祭神を変更したそうです。
元々の第六天魔王とは悪魔のことで、仏道修行を妨げている魔なのだそうです。この第六天に生れたものは、他人の楽しみを自由に自らのものとすることができるという、嬉しいような困ったような魔王なのです。 別なところからここに移されてきたのかもしれませんね。
社殿の裏手には原市沼川から引き込まれた池があり、紫陽花が綺麗に咲いていました。
あじさいと池
また境内にはいくつかの石碑があり、「稲荷神社改築記念碑」「伊勢本宮記念碑」「征露記念」といった碑が建立されていました。
稲荷神社改築記念碑 伊勢本宮記念碑 征露記念

再び柳津橋に戻ります。
柳津橋 柳津橋
よくよく見ればたったこれだけの長さの橋で、長さより幅の方が広い橋なのです。
柳津橋 柳津橋
そしてここから上流がかつての水田地帯となるのです。
原市沼川上流
ここからは川を遡行していくことにします。
がんセンターの前を通り過ぎるとしばらくは自然の景観を楽しむことができます。
原市沼川の原風景 原市沼川の原風景 原市沼川の原風景
そしてしばらく進むと左手にサッカー場、自動車教習場、そして右手には工場が見えてきます。
サッカー場 教習所 工場
それでも概要にあるようにまだまだ緑の多く残された地で、まさに原風景とはこうゆうことを言うのかもしれません。
原市沼川の原風景
やがて見えてきたのが「平塚橋」で、この橋もまた小さな橋なのです。
平塚橋 上流
小さな原市沼川ですが、江戸時代の重要な拠点として、今なお江戸の原風景を残す貴重な場所と言えるかもしれません。
最後に周辺の花を楽しみながら、原市沼川を後にしました。
季節の花々 季節の花々

2012.06.23記
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 原市沼川

    小さい川ですね。このような川が近くにないですし、田舎者にとっては“キレイじゃない”という偏見から、ほとんど気にしたことがないです。でも、川にはやはり歴史が伴うのですね。それに、江戸の原風景を残す場所とのこと。今度眺めに行ってみようと思いました。

    川沿いは案外木々が少ないのですね。切られたのか、元から無いのか?
    緑の中の車、無残ですし、冬は隠れないですね。

    ( 12:45 )

  2. 薄荷脳70 | -

    Re: 原市沼川

    コメントありがとうございます。
    このあたりにある木々は屋敷林が多いようなので、川沿いはなかったのかもしれませんね。
    近くに自然と歴史があるというのも、何となく得した気分です^^

    ( 20:40 )

  3. 四季歩 | ipmCGEIo

    第六天

    私の家から1キロくらいのところに
    「大六天」と掘られた石碑があります。
    市の説明では、第六天と同。欲界六天の第六の天魔とされています。
    他人の楽しみを自分の楽しみと帰るのは同じです。
    この石仏についている話としては、
    常に散らかっているのを好む神さまなので、
    あるお婆さんが石仏の周りが散らかっていたので、
    片づけて綺麗にしたら原因不明の病になり、
    また石仏の周りを散らかしたら、元気になったという、
    有難くない話がついています(笑)

    ( 19:35 [Edit] )

  4. 薄荷脳70 | -

    Re: 第六天

    四季歩さん、コメントありがとうございます。
    なるほど大六天とは随分わがままで、天邪鬼って所でしょうか。
    色々な神がいるものですね^^

    ( 20:33 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks