はじめに

千住大橋 高校の友人が当時南千住に住んでいたことから、彼是40年前位に何回か訪れたことがあるのですが、その当時の記憶は皆無といったところです。それ以来ということですのですから、まあ、初めて訪れたと同じようなものです。
当時の南千住のイメージは“山谷”と呼ばれる地名に代表されるドヤ街です。漫画「あしたのジョー」や岡林信康の「山谷ブルース」がその代表的なイメージで、どちらかといえばネガティブなイメージでした。
一方では野球小僧にとってはプロ野球では当時マイナーな大映オリオンズの本拠地である「東京スタジアム」があった地でもあったというポジティブなイメージもあるのです。いわゆる明と暗を併せ持ったような街といえるのでしょう。
今回の散策は、このようなディープな街である南千住を歩きます。
歴史としての史実ではなんと言っても“奥の細道”芭蕉旅立ちの地でもありことから、江戸時代の歴史を初めとして、先の明暗のイメージの時代なども訪ねながら彷徨していきます。


南千住は荒川区で、以前彷徨した【「谷中七福神」彷徨】の日暮里エリアも荒川区でしたが、日暮里エリアが荒川区の南側に位置しているのに対して南千住エリアは東側に位置しており、僅かながら隣接しているのです。梅雨の真っ盛りながら非常に天気の良い1日となった2012年6月30日(土)に訪れ、奥深い歴史と文化をもった南千住の散策を楽しみました。

PS.散策といえば代名詞のような「ちい散歩」でお馴染みの地井武男氏が、昨日の29日に亡くなられました。
直接何か関係があったわけではありませんが、【安行の植木】で訪れた「興禅院」や、【「新橋駅烏森口」彷徨】で訪れた「塩釜神社」でその足跡に触れることが出来ました。
ちい散歩 ちい散歩
謹んでご冥福をお祈りします。

荒川区マップ荒川区オフィシャルサイト】http://www.city.arakawa.tokyo.jp/

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. kshun10 | -

    南千住は奥が深いですよね。何回行っても見切れてない気がします。
    それにしても、ちいさんも散歩きてたんですか。

    ( 22:25 )

  2. 薄荷脳70 | -

    Re: ありがとうございます

    kshun10さんこんばんは。
    コメントありがとうございます。
    いずれディープな街も新しくなって、すべて伝説になってしまうのかもしれませんね。
    本当に「ちい散歩」は面白かったですね、残念です。

    ( 03:29 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks