埼玉県八潮市八潮6-16-14   2012.07.14訪問

店舗概要

大曽根八幡神社周辺で探してみたら出会ったお店です。
後に食べログで調べたところ、八潮市では結構評判のお店だったようです。
うどん専門店の「こんぴら亭」とは文字通りうどんの名所、讃岐のシンボルである金毘羅宮から名付けられたのでしょう。
しかし一方で、八潮市は東に中川、西に綾瀬川が流れる地で、歴史的背景として「水と生活」をテーマにしている街にあるという意味も掛けられた実によく考えられた洒落たネーミングです。

店舗内外観

外観の間口はそれ程広くなく、エントランス前は自動車が3台停められる駐車場となっています。
こんぴら亭 こんぴら亭
右手にある硝子窓は“うどん打ち部屋”で外からでも眺められる工夫がされています。やはり手打ちで打っているところを見ると、おいしそうなイメージが倍増しますからね。
また店頭にこのような“うどん地蔵”とでも言うような石像もあります。
こんぴら亭
店内に入ると奥が広く、右側が厨房で左側がテーブル席となっています。厨房の前は一応カウンターになっているようですが、席としては現在使用していないようです。
こんぴら亭 こんぴら亭
また店内の奥には座敷があり、恐らく満杯でも40~50人は入れるのではないでしょうか。
こんぴら亭
黒と白のツートンを基調に木目でアクセントされた店内は、清潔感溢れ落ち着いた空間を演出しています。

メインメニュー

天ざるうどん 【天ざるうどん】1,100円

感想

入店したときは私1人だけでしたので、返って店の広さがガラーンとして落ち着きがなくなりましたが、徐々に来店客が増えるとそれなりの落ち着いた空間に変化します。
こちらの一番の売りは「ミニ丼セット」で、好みのミニ丼とうどん、香のものがセットで945円のAセット。更にAセットに茶碗蒸しのついた1,050円のBセットがガッツリ系として評判のようです。 今回は若干カロリーを気にして「天ざるセット」をオーダーしました。
メニューには予めこの店では注文を受けてからゆでるため、“12分位”という時間をいただきますと書かれています。まあ予め判っているなら文句の付けようもありませんので実に納得です。
いやらしい性格ゆえにオーダーしてから実際に運ばれるまで約16分でした。まあ、ゆでる時間が12分とすればこのくらいは当然でしょう。ただ、確かに事前に知っていなければ16分は結構長いものですね。

さて運ばれてきた「天ざるうどん」ですが、結構見た目にはガッツリに近い量がありそうです。通常の1.5倍はうどんの量があるのではないでしょうかね。
さぬきうどん
天ぷらはご覧のように海老が2尾、と野菜の天ぷらとなっています。
このときお店の方から「よろしければニンジンのかき揚げをサービスでお付けしますが」と言われたので遠慮無しでお願いしました。
サービスのニンジンかき揚げ
このサービスがどういった意味なのか聞いていませんので、常にこのサービスがあるのかどうかは不明です。それでもこれですっかりガッツリ系になってしまった感じです。

さてその味ですが、口に含んだ瞬間トロッととけるのではないかと思われるような柔らかさを感じます。まさか、あの“病人のうどん”というやたら柔らかいだけの消化のよいうどんではないのかと不安に駆られましたが、その後のコシの強さにすっかり払拭されました。よく言うところの「もちもちシコシコ」感なのでしょうが、それよりも「とろとろシコシコ」といった方があっているような気がします。
実のところ本当の意味での讃岐うどんを食べたことがないので、何を基準に美味い、不味いの判断を下せばよいのか判りませんが、今回のうどんは実に食感のよいうどんという感想です。
若干薄めの出汁が気になりますが、「とろとろシコシコ」これが讃岐うどんの本領発揮とでもいうのかも知れません、勝手ながら。。。
ガッツリ系でも十分堪能できる味と、食感とボリュームでした。

2012.07.23記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 四季歩 | ipmCGEIo

    うどんは弱いです

    私は、信州の山猿なので、
    蕎麦のほうはうるさいのですが、
    なにしろオトナになるまでは
    うどんを食べたことがなかった人種です。
    あっ、似たもので「ほうとう」は食して
    いましたが(笑)
    「稲庭うどん」ですかねえ、うまいと思ったのは。
    でも薄荷脳さんのレポートは、さすがです。
    美味しさがわかります。

    ( 19:55 [Edit] )

  2. pansy | -

    讃岐うどん、美味しそうですね

    少し太めでこしのある讃岐麺、大好物です。満足できる量と、てんぷらサービス付の店はなかなかありませんから。見た目は本場の讃岐と何ら変わりは無さそうですが・・・
    “とろシコ感”の味わいがどんなものなのか気になります・・・やはり食べてみたいです。
    この写真、食欲そそられますね。

    ( 20:59 )

  3. keny72 | -

    目が覚めました!

    こんばんは。
    最近酔いどれぎみのkeny72です。
    今日も飲んで帰ってきて、眠い~と思いつつ、ブログをチェックしていたら、この記事を見て目が覚めました!薄荷脳70さんはご存じのとおり、僕はうどんの食べ歩きしているので^^
    埼玉県のうどん屋は、自分なりにかなりチェックしていたつもりなのですが、知りませんでした(^^;
    僕は基本武蔵野派ですが、讃岐も好きです^^(武蔵野を知るまでは讃岐派でした)
    「とろシコ」ってどんな感じか、とても気になります^^

    ( 00:49 )

  4. 薄荷脳70 | -

    四季歩さん、ありがとうございます。

    関東に住んでいると、最近はともかく、ちょっと前までは「うどん」は単に腹の足しで、グルメの食材ではなかったと思います。少なくとも私には学校の給食でのソフトメンとか病人用のすうどんしかイメージが湧きません。因みにほうとうはカボチャが食べられないのでNGです。(汗)
    昨今は加須などでも美味しいうどんが食べられるようになり、本当に良い時代と言えるのかもしれませんね。
    高くて美味しいは当たり前の世の中、いかに安く美味しいものを探すのが醍醐味なのかもしれませんね。

    ( 20:53 )

  5. 薄荷脳70 | -

    pansyさん、ありがとうございます。

    実際に食されたら「イメージ違うよ・・・」と言わないで下さいね。あくまで主観ですから、と予防線を。(汗)
    でもボリュームは結構ありまし、美味しかったです。
    因みに後からこられた男性お二人は、セットにそれぞれブッカケうどんを注文していましたね。私も20年前くらいだったら食べられたかも知れませんが。。。

    ( 20:59 )

  6. 薄荷脳70 | -

    keny72さん、ありがとうございます。

    「ゆる~い日記」は私も参考にさせていただいているので、keny72さんの前でうどんのウンチクは語れません(汗)
    そもそも私は蕎麦が好きで、ここ2~3年前からうどんを好むようになったので、まだまだ未知の領域なのです。これからも少しずつふやして見たいものです。何でも突っ込んでみると奥が深いものですね。

    ( 21:09 )

  7. 鴨ミール | -

    何を隠そう

    って、別に隠していませんが、
    私は子供の頃に讃岐(香川県)に住んでいました。
    十年位前は、讃岐でうどん屋巡りをしてきました。

    でも、実はあまりうどんにうるさいわけでは無いです。
    東京の真っ黒いうどんには、最初ビックリしましたけどね(笑)。

    多分この店のうどんも、食べたら美味しいのでしょうね。

    でも最近はうどんを全く食べていませんね・・・。

    ( 22:28 )

  8. 薄荷脳70 | -

    鴨ミールさん、ありがとうございます。

    私もうどんの美味しさを知ったのは加須のうどんを食べてからです。
    2~3年まえからと言ったところでしょう。
    いずれ本場の讃岐うどんを食べてみたいものです。

    ( 22:16 )

  9. おはようございます!

    讃岐うどん美味いですよねぇ~!
    僕も大好きです。
    以前香川のブロともさんに指摘されたんですが、香川の人はうどんを噛まずに飲むそうです。なので腰のあるうどんじゃないとならないのだとか。
    子供の頃は嫌で噛んで食べていると大人に怒られるほどだそうです。噛むんじゃない!って(笑)
    胃カメラを飲むのが日本一得意な県民だとも言ってました(笑)

    ( 06:08 )

  10. 薄荷脳70 | -

    Re: たびぱぱさん、ありがとうございます

    本当に最近うどんに目覚めました。
    それにしてもそういう文化が残っているところが良いですね。
    うどんも命懸け、みたいな^^

    ( 09:37 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks