FC2ブログ


はじめに

私が小学生のころですから彼是40年以上も前のころ、小学校の運動会は大抵当時の体育の日10月10日前後の休日に行われたと記憶しています。そして家族中で運動会見学に繰り出し、まさにお祭り気分だったものです。まあ、このあたりは現在も変わっていませんが、当時の昼食は必ず家族と一緒に食べるというのが決まりでした。勿論、当時家族のものが来れなかった人も大勢いましたが、仲のよい友達がそれぞれの家族と一緒に食べたものでした。まあ、現在は家族で食事と言うのは無くなった様で、それはそれで寂しくもあり、良い決断でもあると思います。
それはそれとして、当時その昼食ではおにぎりやいなり寿司、そして玉子焼きなどのおかずとともに我が家では(一般的にはどうか判りませんが)、デザートとして必ず梨を沢山剥いてあったのです。
それ故に運動会は楽しかった想い出とともに、フルーツのなかでは“みかん”についで“梨”が二番目の好物となり、それが現在でも続いているのです。

梨 秋の味覚と言えば、さんまやマツタケなどの魚・野菜類を思い浮かべますが、フルーツもまたその一つで、ぶどう、かき、などと一緒に“梨”も旬な果物といえるのです。
ただ当時の記憶では、梨の旬は10月頃の秋の後半だったような記憶があります。
現在の梨は8月中旬から9月初秋にかけて水分の欲しい比較的暑い時期が旬となっているのですが、この時期のずれは一体どこから発生したものなのでしょうか。
これは当時主流の「二十世紀梨」の収穫時期が遅いからと言うことが理由で、現在は品種改良によって主流となった「幸水」の収穫時期が8月中旬からとなったことにより、梨の旬の時期が早まったのです。

このような風物詩とも言える季節の味覚は、梨の出始めのころから梨を食べ初めるのですが、今年の梨は実に不味い梨に見舞われてしまいました。
最初に「Vスーパー」で買った梨は甘みも酸味も少なくただただ水分だけがあるといった“水代わり”の梨で、2番目の「Iスーパー」で購入してきたのは熟しきった“フカフカ”の梨でした。
何故、今年の梨は美味しくないのかを熟考したところ一つの結論に達したのです。そう、答えは明白で「安い梨」を買ったからなのです。いわゆる“お徳用”って言われるモノです。
当然と言えば当然の帰結で、美味しい梨を食べるにはそれなりの梨を買えば良いのだということになります。確かに銀座千疋屋の6個6,615円の二十世紀梨でも買えば美味しいでしょうが、財力でモノを解決することは子どもの教育上好ましくない(って、所詮高くて買えない言い訳です)と言うこともあり、ここは安くて美味しい梨を見つけることが重要であると結論付けたのです。
安くて美味しい梨と言ったらどこにあるのか。そう、当然梨の本場に行けばあるだろうと、今回は思い切って梨の本場、鳥取まで購入しにいくとに・・・、できるわけが無いので、関東での梨の名産地千葉県に足を伸ばすことにしたのです。
比較的梨の産地である埼玉県でも良いようなものですが、昨年【白岡の梨】で訪れていることもあってあえて千葉県にしてみたのです。

そこで梨の名産地である千葉県を調べたところ、関東のみならず全国的にも千葉県は和なし収穫量全国第1位で、幸水の収穫量も全国1位、更に豊水の収穫量は第2位という日本の誇る梨の産地となっていたのです。かつて二十世紀梨が主流だった頃は、長らく鳥取県が収穫量1位だったのですが、時代とともに変ってしまっていたようです。
こう聞いては益々千葉県に行かないわけには行かないので、千葉県のどこにするかと言うことについては、最初にネットで“梨狩り”を検索したら最初にでてきた「市川市大町」にあっさり決定したのです。このあたりにはこだわっていないところが、いい加減なところです。

こうして安くて美味しい梨を求めて千葉県に向ったのは、朝からどんよりした曇り空の9月8日土曜日です。この日は曇り時々雨という予報で、なんとか夕立にならなければという思いで早めの9:00に自宅を出発です。
千葉県市川市は電車で行くと結構時間がかかるのですが、意外に車ですと外環を使用してと1時間もかからずに到着できる結構近い立地にあるのです。
美味しい梨をたっぷりとゲットしてきましょう。

市川市オフィシャルサイト】http://www.city.ichikawa.lg.jp/

関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. マヤリモ | -

    おはようございます。

    薄荷脳70さんにとって、梨は思い出の味なんですね。

    そういえば、私も幼いころ、新潟の祖母から毎年梨を送られてきていたのを思い出しました。

    籾殻の入った段ボールから梨を取り出すのが楽しかったなぁ。

    関東では白岡、蓮田あたりが真っ先に思いつくので、市川が梨の産地だとは、なんだか意外な感じがしちゃいました。

    千葉の生産高、そんなにすごかったんですねぇ。

    ( 09:38 )

  2. ありがとうございます

    マヤリモさん、ありがとうございます。
    子供のころは梨とリンゴだけは駄菓子屋で売られていたので、余計身近だったのですね。
    ありふれたフルーツながら、意外とリンゴやみかんと比べるとマイナーなところがよかったりして^^

    ( 05:49 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks