Taste of Nashi

最後になりましたが、帰宅してから食した梨の味の感想を添えておきます。
この記を書いている9月18日現在、梨購入から10日間でトータル25個の梨は完食してしまいました。
結論から言えば「美味い、美味すぎる・・・」、10万石ではないのですが、まさにそのイメージです。
先ずはこの写真です。
三種の梨
意外に思うかもしれませんが。、左から「(吉)伊藤園梨」「バイオ梨」「詰め放題梨」です。ぞれぞれ1個あたりの単価が、@¥258-、@¥167-、@¥33-、ということで、見た目から意外と判断できないものです。。

先ずは「(吉)伊藤園梨」の@¥258-の梨ですが流石に値段だけのことはあり、甘さと酸味のバランスが絶妙です。口に含んだ瞬間瑞々しさと甘さが口に広がり、その後の酸味によよって甘酸っぱい梨らしい後味が残るのです。
(吉)伊藤園梨
要するに、一口目はスウィーティ、二口目はフルーティ、そして口の中はジューシー、という美味しい梨、三原則なのです。
そして当然ながらシャリシャリの食感です。贈答用などは更に高いのですから、更に美味しくなっていくのでしょうが、美味しい梨の存在としては十分すぎるでしょう。

次の「バイオ梨」ですが、とにかく甘さがとんがった味です。ある意味では@¥258-より甘いかもしれません。
バイオ梨
その分酸味が薄いので多少梨らしい甘酸っぱさはないのですが、ベタついた甘さでもなく意外とサッパリとした後味がバイオの力なのかなあ、などと感心してしまいます。勿論、食感は言うことない美味しい梨でした。

さて、注目の@¥33-の梨ですが、そもそも訳有ですからこれだけ安いのは当然です。
一番の訳有は、形が悪い、熟しきっているといったところでしょう。これはお店の方に言われましたから。
詰め放題梨
先ずは味です。
結構甘い梨です。部分的には一番の甘さを持っているものもありました。しかし、その後の酸味がきつい。甘酸っぱいというよりは苦酸っぱいという感じです。 ただし、これは梨の剥き方を工夫すると美味しく食べられることがわかりました。
写真でも見る通り、3種の中ではかなり多きいいので、大胆に真の中心あたりはざっくり残すのです。すると結構な甘さのなかで、あの梨らしい甘酸っぱいバーチャル味覚が楽しめ、瑞々しさは十分なので、これは意外といいかもしれません。
一番の不安材料は食感で、あのフカフカな梨の食感はどんなに美味しい味であろうと(大抵味も不味いものです)、腹立たしささえ覚えます。
モノによっては熟れすぎて多少表面の色が変りかけているものもありますが、剥くときにこれも削れば(ホンの少しでしたが)十分食べられます。
そしてその食感は「市川梨のプライドにかけてもフカフカにはならないぞ!」といった意気込みでもあるのでしょうか、10日後までフカフカな梨は1個もありませんでした。
高いものと比べれば評価は落ちますが、このコストを考えると十分なボリューム、味、食感であることがわかりました。
間違いなくスーパーのお徳用よりも安く、更に倍のボリュームで、そこそこ味わえるのですから普段食には充分すぎることがわかりました。

但し、問題は当然このような詰め放題が常にあるかどうかということと、宅配などないので購入しにいかなければならないこと。ガソリン代と高速代を考えると果たして安いのか、高いのか。。。
ということで、来年は埼玉県で詰め放題を探すことにしましょう・・・、か。
それにしても全国一の産地である千葉県の梨は、宣伝・噂どおりの美味しい梨でした。

2012.09.20記

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 四季歩 | ipmCGEIo

    懐かしい

    土日と、テニス合宿に行っておりまして、
    戻ってみますと、またずいぶんとアップされていますね。
    すごいです。

    実は、私のカミさんは市川の国府台にある女子大の学生でして、
    私が学生の頃、デートした場所があちらこちらに
    出てまして、とても懐かしく読みました。
    当時、若者ゆえ、例えば法華経寺に行っても、何一つ見てもいないと、
    いうありさまでして・・・・・(赤顔)

    今さら、勉強させていただきました(笑)

    そのうち、カミさんと再訪するのも一興かと思っています。

    ( 00:25 [Edit] )

  2. 四季歩さん、ありがとうございます。

    四季歩さんにとって、想い出の地なのですね^^
    私は始めて訪れた場所だったのですが、私の弟がやはり大学に通っていたので、名前だけはよく知っていました。
    私もこの散策始める5~6年前までは殆ど寺巡りなどしたことは無かったですから(汗)
    年取ると身近になってくるのでしょうかね、色々な意味でw
    是非、お二人で想い出の地を訪れてください、きっとそれもまた良い想い出になるのではないでしょうか^^

    ( 06:03 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks