FC2ブログ


はじめに

東京駅丸の内駅舎 2012年10月1日、東京駅丸の内駅舎が1914(大正3)年の開業当時の駅舎に復原されたのは周知の通りです。
まさに大正ロマンの香り漂う赤煉瓦の駅舎は、丸の内で復元された三菱一号館とともに明治・大正にタイムスリップしたかのような美しい光景に出会えることとなったのです。様々なイベントなども行われ、東京駅周辺は華やぎ、ここしばらくは賑わい続くことでしょう。

幻の東京赤煉瓦駅 この東京駅丸の内駅舎に関して書かれた書籍の一つに『幻の東京赤煉瓦駅』(平凡社新書)があります。
著者は中西隆紀で、1947年大阪氏生まれ。多摩美術大学卒業。編集者、書籍デザイナーを経て現在ライターというプロフィールで、この書籍の概要は、当時膨張する首都・東京の駅と鉄道が大震災や戦災に耐え、どのような変遷を辿ってきたかを著したものです。
実に面白い書籍であったことから、この内容を追ってみようと思い立ったのが5年ほど前で、現在のサイトの前身であった「HIPな解毒剤」に掲載したのです。しかし思わぬアクシデントから挫折し、未完となった記事だったのです。
現在、記念碑的にこのサイトに移植しているのですが、ここでも結局未完のままの放置プレイ状況といったところなのです。
そこに今度の東京駅丸の内駅舎の復原と鉄道開通140周年の区切りとあって、折角の機会なので改訂記事により5年ぶりに完結させるのです。
そこでまずは改めて今回のテーマを著しておきます。
本書のプロローグです。

時は明治5年「汽笛一声、新橋」で有名な新橋-横浜間の鉄道発祥からずっと新橋(旧新橋駅)は常に終着駅であり続けた。確かに鉄道発祥以来、鉄路は西へ西へと延伸していった。しかし新橋から東海道方面が全通しても東京の終着は新橋。さらに下関までつながってもまだ新橋。九州鉄道が熊本まで開通してもまだまだ新橋であり続け、新橋終着は明治43年までの38年間も続いたのである。言い方を変えれば明治という時代を通じて新橋は「東京の玄関口」すなわち、明治東京の顔が新橋だったのである。

現代からは全く考えられないことですが、現在の上野駅のような高崎線・常磐線といった終着駅とは異なり、新橋駅の終着駅とは文字通りの“終着”で、乗り継ぎの鉄道が無いということを意味しているのです。
その理由は単純明快で当時の東京が既に過密都市だったからなのです。
江戸時代に100万人都市だった東京の、そのまた中心部ですから簡単に路線を引ける状況ではなかったのです。更に当時の政府の要望が日本縦貫優先と先進国並みの建築水準を持つ鉄道施設というかなりハードルの高いものであったのも理由のひとつです。
この難題を一気に解決しようとしたのが「東京中央駅」と連動した「高架アーチ群構想」で、これこそが日本の首都としての威信と美観を兼ねた“幻の東京赤煉瓦駅”が著した国家プロジェクトだったのです。
江戸時代の鎖国が終わり、欧米に追いつけ追い越せという明治の人々の力と精神力を知ることのできる端的な例と言えるでしょう。
まずは、140周年を迎える鉄道の開業から紐解いていくことにします。

関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 薄荷脳70 | z3DJMOlI

    いさばやさん、ありがとうございます。

    やはり新しくなった東京駅は綺麗で立派ですね^^
    結果から言えば東京駅は山手、京浜東北、中央線などの通勤電車の駅の中で、かなり遅く出来た駅なんです。
    そのあたりも面白い歴史ですので、引き続き読んでいただけるとうれしいです。
    更新はおそいですがw

    ( 06:49 [Edit] )

  2. こんばんは!

    新橋-横浜は当然知ってましたが、そんなに長い間新橋止まりだったとは知りませんでした。

    汐留の旧新橋駅の停車場跡の発掘調査はずい分長いことやってましたよね。

    なるほどなるほど。江戸のど真ん中に駅を造るのって大変だったんでしょうねぇ~。
    モノレールも仕方なく浜松町止まりになってしまったと聞いたことがあります。
    羽田をしょっちゅう利用する人間からすると、浜松町止まりってとても不自然に感じます。

    ( 21:09 )

  3. たびぱぱさん、ありがとうございます。

    確かに中途半端ですね。
    当初はやはり新橋を起点としていたようで、当初の免許は新橋-羽田で取得していたそうです。
    さすがに用地買収が出来ずに、東京オリンピックに合わせていたためとりあえず浜松町-羽田で開業したのですね。そして結局用地確保ができずにそのままということになったので、中途半端なのですね。
    不便もまた歴史ということですかね^^

    ( 12:52 )

  4. さくら | zp.b0tIQ

    初めまして^^
    遊びにいらしていただきありがとうございました^^
    この東京駅は立派に復元されましたね。
    この前通りがかったら
    写真を撮りたくなって仕方がありませんでした。
    美しい東京。
    憧れの東京。

    そんな東京であり続けてほしいなと思います。

    ( 21:39 [Edit] )

  5. 薄荷脳70 | -

    さくらさん、ありがとうございます。

    お寄りいただき、そして書き込みいただきありがとうございます。
    復原されてからの東京駅は確かに被写体としては魅力的でしょうね。
    その威容もさることながら、やはり煉瓦がその魅力の一端であるのでしょうね。
    さくらさんの写真、また楽しみにしています^^

    ( 22:28 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks