FC2ブログ


天神社(天神氷川八幡合社)

2013年の年初にあたり、今年は特に地元上尾の散策をもう少し増やそうという思いで、元旦早々初詣もかねて上尾市藤波地区で行われる「藤波の餅つき踊り」を訪れてみました。
場所は上尾市藤波1丁目にある天神社で、上尾市の北西にあり、北方向に5分も歩けば桶川市という立地ですから、最寄り駅も桶川駅ということになります。
自宅からは車で凡そ15分くらいなので12月31日PM11:30頃自宅を出発です。
石造りの鳥居を見つけ天神社の参道を進みます。
天神社一の鳥居
参道の先には小ぶりながら立派な木造の朱の二の鳥居が威容を誇っているようです。
二の鳥居
境内はかなり広く正面に社殿が、左手に社務所があります。
境内 境内
社殿は初詣の準備も万端のようです。
社殿
ジャスト0時までは若干時間があるのでそれまで焚き火にあたらせていただきました。寒い冬にはありがたいものです。
焚き火
更に社務所(と思っていた建物は地区の公民館でした)前には「甘酒」のサービスが行われていています。
甘酒サービス
これも体があったまって大変嬉しいことなのですが、甘酒が飲めなので、ここは気持ちだけいただきました。

餅つき踊り

いよいよ午前0時を迎えようととしている頃に、ある意味での主役である“臼”の登場です。
出演者 主役の臼
そして同時に初詣も始まったようです。
初詣
臼に続いて傍らに控えていた出演者の方々が、歌に合わせて入場し臼の周りを1周して所定の位置に留まります。
入場 入場 入場
まずは木遣り唄にあわせて蒸した糯米を練り上げる「八人づき」が行われます。
八人づき 八人づき 八人づき
この「餅つき踊り」は、神社の祭りなどで奉納するような神事ではなく、七五三などの祝賀の集りで披露される民俗芸能なのです。その起源は幕末に名主の篠田金右ェ門という人が、村の若い衆の非行防止に習わせたのが始まりなのだそうで、いつに時代にも厄介モノには手を焼いていたのです。
したがって現在でも上尾市主催の事業などにも上演しているのですが、ここでの上演は恒例となっており、現在は上尾市の無形文化財に指定されています。

「八人づき」で餅が練りあがると、今度は「ボーウチ」と呼ばれる麦打ち歌に合わせた餅付が行われます。
ボーウチ
「ボーウチ」には4人、6人や、立ち、座りなどの組み合わせがあり、その都度説明があったのですが、写真では何がなんだかわからなくなりましたので、とにかく雰囲気だけです。
こちらが4人ボーウチです。
4人ボーウチ 4人ボーウチ 4人ボーウチ
そしてこちらは6人ボーウチですね。
6人ボーウチ 6人ボーウチ
偶然にも連写で撮ったわけではないのですが、こんな写真が撮れました。
ミラクルショット
何となく面白い雰囲気です。
そしてまた餅が入れかえられて8人で餅を練り上げています。
8人つき 8人つき 8人つき
その後は、餅を入れないでつく「曲づき」が行われます。
曲づきは、このように先の細い杵が使われています。
曲づき 曲づき
座ってついたり、廻ってついたりする結構アクティブな踊りです。
曲づき-1 曲づき-2
そして杵を臼に投げ入れて拍手をするなど、なかなか興味深い所作を見ることができます。
曲づき-3 曲づき-4
これらの組み合わせを2回行って餅つき踊りは終了です。
曲づき-5 祭りの後 祭りの後
最後は三三七拍子で締められます。
三三七拍子
ほぼ1時間程度の餅つき踊りですが、地味ながらも素朴な味を醸し出していました。

踊りが終わってから初詣に社殿を詣でました。
初詣
そして餅つき踊りでつかれた餅が振舞われています。
餅の振る舞い 餅の振る舞い
「辛味もち」と「安倍川もち」の2種類がありますが、「辛味もち」をいただき、新春の味を楽しませていただきました。
餅の振る舞い
地元に根付いた神社ですからそれほど多くの参詣もなく、殆どこの時点で参詣者もいなくなりました。
初詣
新年を祝う挨拶のなかで、新しい年が始まったのを感じたのでした。

2013.01.02記
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. たっつん | YHInhhNk

    おはようございます。
    私も結婚当初は上尾市の片隅で暮らしていました。(約6年)

    このような地元の風習は長く伝えていただきたいものだと思います。

    ( 07:26 [Edit] )

  2. ゲスト | -

    こんにちわ。

    餅つき踊り初めて知りました。どんな感じなのか、実際に見て見たいです。
    そういえば私が小さい頃、田舎で村共同の餅つきがありました。持ち回りで材料や場所が決まり、終わると大人・子供それぞれで宴会となります。もしかして非行防止もあったのですかね(笑)。

    ( 08:08 )

  3. kame-naoki | -

    すいません。名前入れ忘れました~。

    ( 08:10 )

  4. あけましておめでとうございます。薄荷脳70さん、
    旧年中は本当にありがとうございました。
    今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

    今年が良い年で有りますように願っています。

    ( 11:09 )

  5. 薄荷脳70 | -

    たっつんさん、ありがとうございます。

    以前は上尾市にいらしたのですか^^
    上尾市の居心地はいかがでしたか。私も10年以上の居住になりますが、今一よさがまだわかりません。
    しいて言えばゴミの分別が少ない、くらいでしょうか;;
    住めば都、というとおり噛めば噛むほど味が出てくるかもしれません。
    そんな地元のよさを発見する1年にしたいです。
    今年もよろしくお願いいたします。

    ( 16:31 )

  6. 薄荷脳70 | -

    kame-naokiさん、ありがとうございます。

    生れてこの方、実家は勿論、実家のあった地域も含めて、餅つきは見たこともやったこともありませんでした。
    ここ上尾市や、kame-naokiさんの田舎などでは、やはりコミュニケーションの一つとして存在していた、非常に貴重な風習なのでしょうね。

    ( 16:39 )

  7. 薄荷脳70 | -

    としあきさん、ありがとうございます

    おめでとうございます。
    こちらこそ昨年は大変楽しませていただきました。
    今年もよろしくお願いいたします。

    ( 16:42 )

  8. サムライ銅像研究会 | -

     こんばんわ。
     上尾に密着した伝統行事を楽しく拝見しました。臼の周りで踊り、歌う光景ははじめてみました。これからもこのようなレポートを楽しみにしております。

    ( 19:32 )

  9. 上尾の〇山 | LkZag.iM

    よろしくお願いいたします!!

    新年おめでとうございます!!
     上尾の〇山と申しますがよろしくお願いいたします。
    前から「上尾グルット名所図絵」は見させて頂きました。最近はウオーキングと称して上尾市内を歩き回っております。ずい分と参考にさせてもらっております。ありがとうございます。
     先日は上平の方に行きましたが、藤波はまだ歩いたことは有りませんでした。「餅つき踊り」があるのは知ってましたが、まさか「年明けとは早々」とは知りませんでした。
     ハンドルネームを「ゆるーい日記」で見て、このページのハンドルネームに気が付きました。今後ともよろしくお願いいたします。

    ( 20:54 [Edit] )

  10. bg | 3ZQ.D9ic

    藤波にこのような催しあるんですね。
    実家が二ツ宮の氷川様の氏子なので、いつも二ツ宮しか行って
    いませんでしたので存じあげなかったです。
    勉強になります

    ( 22:13 [Edit] )

  11. 薄荷脳70 | -

    サムライ銅像研究会さん、ありがとうございます。

    コメントありがとうございます。
    今年は少し地元上尾の散策を増やそうかと思っています。
    コメントが大変励みになります。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    ( 18:21 )

  12. 薄荷脳70 | -

    bgさん、ありがとうございます。

    行ったことは無いのですが、二ツ宮の氷川神社とはさいたま市にある氷川さまですよね。
    色々な神社に様々な伝統・風習があるもので、少しずつ拾えていけたらなあと思っています。
    よろしくお願いいたします。

    ( 18:27 )

  13. 薄荷脳70 | -

    上尾の〇山さん、ありがとうございます。

    お立ち寄りいただき、その上コメントまでいただきありがとうございます。
    中々上尾を散策する機会が少なかったので、今年は少し増やしたいなと思っておりました。
    このようなコメントをいただけると更なる励みになります。
    今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

    ( 18:30 )

  14. 四季歩 | ipmCGEIo

    いいですね

    こういう民俗芸能は、ぜひとも残していきたいですよね。
    とても楽しそうで、私もぜひ見たいと思います。

    餅つきといえば、私が育った家はずいぶん餅が好きだったと思います。
    私が中高のころは、父親、兄、私が、それぞれ3臼が
    ノルマでした。全部で9臼ついていたわけです。
    たぶん毎日食べていたんでしょう。
    食べてる記憶は無くて、汗びっしょりになって餅をついてる記憶
    だけがあります(笑)

    ( 20:14 [Edit] )

  15. 薄荷脳70 | -

    四季歩 さん、ありがとうございます。

    四季歩さんも餅つきを経験為されているのですか。
    餅つきをしたことが無いので、実感としてはよく判りませんが、3臼っていうとかなり疲れるのでしょうね;;
    ただ、餅つきが現在のようにイベントではなくて、極普通の日常の正月の光景であった頃は、素朴で情緒的な素敵な時代だったのかもしれませんね^^
    素敵な思いでですね。

    ( 05:43 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks