FC2ブログ


埼玉県所沢市有楽町13-8  2013.01.12訪問訪問

店舗概要

所沢散策の1ヶ所として立ち寄ったのですが、当初は“割烹”と名の付くとおりフォール大佐御用達という由緒だけの散策のつもりでした。
所沢は明治44(1911)年の100年前に初の飛行場が完成し、日本で最初の飛行機が飛び立った“飛行機発祥の地”なのです。
その初飛行に先立つ30年ほど前の明治15(1882)年に創業した130年の歴史を持つ割烹なのです。
当時この飛行場で飛行指導にあたったフランス将校や陸軍航空隊御用達の料亭でしたが、およそ50年ほど前からは一般の庶民も入れるようになり、2年ほど前からランチも始めたのだそうです。

店舗内外観

狭い路地を歩いていくと「美好」と書かれたアーチが見て取れます。
美好
その右にある落ち着いた佇まいの和風なつくりの料亭が「美好」ですが、建て直されたのか料亭、料亭した雰囲気ではなく、比較的カジュアルな感じを受けるエントランスです。
美好 美好 美好
中に入っても近代的なつくりなのか、畏まって入る必要もないようです。
美好
帳場には古い写真が飾られています。
古写真
こちらは創業当時の写真ですが、どうやら創業時は西洋料理の店「美好軒」としてオープンしたようです。それ故に外国人たちの御用達になっていたのでしょう。
古写真
こちらにはそのフォール大佐らの写真が飾られています。
古写真
そして湯川秀喜博士や新渡戸稲造など多くの著名人が訪れていたのです。
古写真
料亭なので基本的には座敷ですが、左手の一画がテーブル席になっています。
座敷 テーブル席
窓にはこのようなオブジェもあり、料亭ながら西洋風の雰囲気も醸し出しています。
オブジェ オブジェ
中庭は日本庭園となっており、実に風情の良い佇まいで、まさに料亭の為せる業といえるでしょう。
中庭
注目は庭にある立派な松の木です。
松の老木
大女将(であろう・・・)によるとこの松の木、飛行場よりも、美好よりも古い樹齢200年位の松だそうです。以前は少し離れたところに16本あったのですが、大戦の空襲で殆どが焼けてしまい、残った松の木をここに移植したのだそうです。
所沢を見つめて来た歴史ある松の木なのです。

メインメニュー

料亭のラーメンセット 【料亭のラーメンセット】1,260円
ごまだれ豆腐、厚焼玉子、ご飯、香の物、もみじおろし付

感想

オーダーには悩みました。 やはり歴史を重視した西洋料理の中の「フォールカツレツ」は由緒あるメニューでしょう。
洋食メニュー
しかし、現実的にはこちらの「旬なカキフライ定食」にもそそられます。
旬のカキフライ定食
ということで決めかねてたのですが「拝啓 暑いっちゃラーメン、寒いっちゃラーメン・・・ 敬具」「世界に1つの料亭ラーメン」のコピーに惹かれ、結局“料亭のラーメンセット”となったのです。
広告屋ながら、今更ながらに“キャッチコピー”の重要性を認識させられたのは言うまでも無いことです。
更にコピーはこのように記載されています。
メニューコピー
この「ルイボスティー」とは、南アフリカ産の健康茶のことで、ノンカフェイン・低タンニン・坑酸化作用で美容・健康に良いお茶なのだそうです。
ここで今回1回食したところで健康に効くわけではないでしょうが、結構最近注目されている健康茶だそうなので、そこに目をつけたところにマーチャンダイジングの鋭さを感じます。
その麺がこちらの茶色の麺となっているのですが、僅かながら漂う茶の香が清涼感を醸し出し食欲をそそります。
ルイボスティー麺
そして白濁したスープは動物系の脂ではなく、酢の色なのだそうです。
白濁酢スープ
したがって“スーラー”ほどの強烈な酸味はなく、軽い酸味に香ばしいゴマの香りがマッチして、サッパリした中にコクが広がっています。
そして更にコクを出しているのが、チャーシューならぬ鶏の唐揚げです。
あえてスープでぐずぐずにならないよう衣が硬めに揚げられていて、サクッとした食感もまた嬉しいトッピングです。
そしてワカメ・ネギ・カイワレ・なると・ニンジンといったトッピングは味と見た目にこだわった料亭ならではのラーメンといえるかもしれません。
サッパリした味わいも良いのですが、紅葉おろしを入れてピリ辛で食べるのもまた2度美味しいです。 これも料亭でなければ考えない薬味でしょう、意外と合うものですね。
付け合せは、まあ料亭としてのご愛嬌ですが、玉子焼きがポテトサラダに変わってしまっているのは、ちょっと残念ですが、大人の事情というものしょう。
ご飯もついているので、よほどでなければ若い方でも足りるボリュームです。
病み付きになるというものではありませんが、話題性とレア感で一度食してみるのも悪くないない美味しさのラーメンで、随所に料亭らしい趣を感じさせるラーメンセットでした。
大女将、若女将、そして仲居さんがそれぞれ気さくで、説明を頂いたり感想を聞かれたりとなかなか料亭とは思えないフレンドリーな対応で、老舗料亭といえども敷居が低く、そして腰も低いなかなか素敵な料亭でした。
次はやはり洋食を食べてみたいですね。

2013.01.13記
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. keny72 | -

    お手頃な品もあるんですね

    こんばんは。

    この細い道は大渋滞の所沢中心部を少しでも早く抜けるための僕にとっては裏道なんですwww

    機会があれば、寄ってみたいと思っていましたが、割烹ですから、値段が怖くて行かず仕舞いでした。

    リーズナブルな品もあるんですね。

    「料亭の・・・」というネーミングに惹かれます。店内の雰囲気もいいですね(^^

    ( 00:30 )

  2. マヤリモ | -

    意外尽くし!

    料亭でラーメンというのがまず意外。

    また、私も、見た目で完全トンコツ系だと思ったら酸味のあるスープ!?

    そして、ルイボス麺にカラアゲ、紅葉おろしのトッピング!?

    すごい創造力ですね~。

    ラーメン好きは、絶対気になる一杯です。

    お店の方の雰囲気も良さそうで、是非、行ってみたいです。

    ( 07:05 )

  3. 薄荷脳70 | -

    keny72さん、ありがとうございます。

    よくご存知の場所だったのですね。
    私も最初は入るつもりは無かったのですが^^
    是非、他のメニューも試してみてください。
    高飛車でないところに好感持てます。

    ( 20:02 )

  4. 薄荷脳70 | -

    マヤリモさん、ありがとうございます。

    おっしゃるとおり、意外性をよくここまでまとめられるものだと感心しました。
    座敷で食べたら、更なる意外性を感じるかもしれませんね^^
    機会があれば、是非行って見てください。

    ( 20:05 )

  5. vさん | -

    料亭のラーメン!

    そそられます!!

    ジャンクでないラーメンも良いですねぇ! 食べてみたいなぁ!!

    ( 08:27 )

  6. 薄荷脳70 | -

    vさん 、ありがとうございます。

    場所がローカルですから、なかなか行けないでしょうが、機会があれば是非行ってみてください。
    話のネタにはなりそうですよ^^

    ( 22:29 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks