FC2ブログ


東日本大震災3年目のいわき

震災2周年を過ぎた3月16日(土)にいわき市を訪れました。
今回はいつもの湯本の他に、久しぶりにいわき市四倉にもまわりました。
いわき市湯本は比較的いわき市の中でも南の山沿いで、四倉は北側の海岸沿いです。
家内の実家はもともと四倉にあり、現在でも墓所あり、彼岸の入りを前に一足早い墓参となったのです。
一昨年の震災1ヵ月後くらいに訪れた際は余りにも悲惨な状況で、写真を撮る気持ちにもなれず記憶だけにとどめておきましたが、津波で家が流された親戚もおりました。
それから丸2年が経過して徐々に復興の兆しも見え始めているようですが、まだまだ元に戻ることすら時間は掛るようです。

四倉には波立海岸と四倉海岸の二つのビーチがあります。
こちらの海岸は波立海岸で四倉海岸よりはやや北側にあります。
波立海岸 波立海岸
現在はこのように美しいビーチで、波立海岸で有名な弁天島もそのままではあるのですが、いまだ震災の爪痕が残っているのが目の当たりにされます。
弁財天 弁財天
更に海岸線の先には2本の煙突が見えるのですが、恐らく広野町の火力発電所の煙突でしょう。
火力発電所
そしてその先にあの福島第二、第一原発が海岸線沿いに並んでいるのです。ちょうどこの波立海岸から第一原発までは凡そ30Km程しか離れていないエリアなのです。
津波と原発の二重苦に悩まされるいわき市の前途はまたまだ多難であることが伺えます。

波立海岸から四倉海岸に移ります。
波立海岸と四倉海岸の間にあるのが四倉漁港で、こちらも津波で何もかもが消失してしまいましたが、少しずつ復興しているようです。
道の駅よつくら港 四倉港
そして四倉海岸には驚くほどのテトラポットが置かれています。
四倉海岸
これも災害対策の一環なのでしょうか。
かつてはこのビーチで海水浴や花火大会を楽しんだのですが、その当時を物語るのはこの階段だけかも知れません。
四倉海岸

この海岸にある「道の駅よつくら港」も津波で被害を受けた建物です。
道の駅よつくら港
オープンして1年も経たないうちに津波で大破したのですが、昨年の8月にリニューアルオープンしたそうです。
2010年のプレオープン時のサインの写真が残っていますが、現在のサインはこのようになっています。
最初のサイン 現在のサイン
店内には四倉でも有名な「大川魚店「」などが出店され、なかなか活気付いています。
大川魚店
そして震災を乗り越えて再出発した道の駅には、このようなタイルが埋め込まれていました。
寄せ書きタイル 寄せ書きタイル
第三者が何かを語るには重過ぎるものです。

半年振りくらいに墓参りに訪れた四倉でしたが、状況は湯本よりも更に厳しい状況に有りそうです。
私個人が出来ることはありませんが、せめて今後もいわき市を訪れ震災を風化させないことがせめて私に出来ることかな、と思わされた光景でした。

2013.03.18記
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. こんにちは!
    「道の駅よつくら港」はニュースなどでも取り上げられていますね
    いつか行ってみたいところです

    先の震災から2年も経つのに浜通りの復興はまだまだな感じがします

    ( 16:35 )

  2. 私も福島県人として、
    何かしようと思いますが何も出来ていません。

    時間を作り、
    道の駅よつくら港に行って大好きな魚をたくさん買ってこようと思います(笑)

    ( 16:46 )

  3. 薄荷脳70 | -

    大和魂さん、ありがとうございます。

    機会があれば是非訪れてみてください。
    いわき七浜のうち、ビーチとしては比較的穴場的存在でしたので、気持ちの良いところでした。
    まだまだ、東北の復興はこれからなんでしょうね。

    ( 06:34 )

  4. 薄荷脳70 | -

    じぇいくさん、ありがとうございます。

    そうですよね、私も含めて大半の方が何もできないのですよね。
    道の駅のおばちゃんたちの漬物と肉味噌は美味しかったので、つい買ってきてしまいました。
    そんな小さいことでもよいのでしょう、きっと^^

    ( 06:37 )

  5. 四季歩 | ipmCGEIo

    胸が痛みます

    ほんとに、復興というのはもどかしいものですね。

    私のように、こっちにいて第三者の目で見ていると、
    大事な復興予算を関係ないところで、しかも莫大な金額を
    無駄に使っている官僚の無神経さ。
    いまや復興は眼中になく、経済界のお使い番化している政府。

    腹立たしいかぎりです。

    できるだけ東北のものを買うとか、募金に協力するとか、
    私にできることは限られていますが、できることはやっていきたいなと
    思っています。

    ( 20:12 [Edit] )

  6. 薄荷脳70 | -

    四季歩さん、ありがとうございます。

    おっしゃるとおり中々こういったものは透明性がないですからね。
    微力ながら、を繰り返していくしかないでしょうね私たちのできることは。

    ( 19:37 )

  7. 薄荷脳70 | -

    ありがとうございます。

    コメントありがとうございます。
    つらい想い出は多くの方が持っていらっしゃいますね。行く回数はずっと減ってしまいましたが、極力、またリポートを書いて行きたいと思っています。
    それがいわき市への恩返しかもしれませんので^^

    ( 04:19 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks