高砂香料工業のことは以前、薄荷のサイトを作成していた頃調べたことがあるのですが、実際に訪れることができやっと思いを達成した気分です。
蒲田撮影所はこの後大船に移るのですが、やがてこの撮影所も売却され現在の鎌倉女子大となったのです。
余談ながらかつてこの学校は「京浜女子大」と言う名称でした。
渋滞の名所としてラジオの渋滞情報には「京浜女子大前」はお馴染みの名称で、実際に何度も通ったこともありましたが、いつの間にか名称が変わっていたのには驚きました。
勝手な憶測ですが、“京浜”より“鎌倉”の方が女性ウケするのでという話も実しやかに噂されていますが、名称で大学選ぶのですかね。。。

大正時代から明治時代へ

ここからは蒲田撮影所前にあった松竹橋に流れていた川を遡ります。
先のジオラマにあった川です。
逆川
松竹橋に流れていた川は「逆川」で、撮影所前を東方向から北東方向に流れ、呑川に流れ込む呑川の支流だった川です。
ここからはこの逆川跡を遡ります。
スタートのニッセイアロマスクエアの隣にあるビルの壁面には、当時の撮影所の絵が描かれています。
アロマスクエア隣接 蒲田撮影所イラスト壁画
まさに蒲田といえるアートですね。

蒲田菖蒲園

このビルの前を斜めに走っている路地が、かつての逆川の跡で、現在はこのように埋立てられています。
逆川跡 逆川跡
この逆川跡を北上すると、交差点に「蒲田橋」の親柱が残されています。
蒲田橋親柱 蒲田橋親柱 蒲田橋親柱
かつて逆川に架かっていた橋の親柱が残されているようですが、ものすごい位置と使用方法にちょっと唖然とする光景です。 まあ、文化財でもないので、丁度うまい具合の台座と言うことで使用されているのでしょうが、いずれこの親柱もなくなってしまうのでしょうか。
そして更に北上すると現在の呑川に突き当たります。
逆川跡
これが逆川が呑川の支流たる由縁なのですが、この名称は“のみかわ”で、決して“ドンガワ”とか“ドンセン”では無いようです。
呑川
それは「呑める川」とか、氾濫によって付近の村々を「呑み込んだ川」、あるいは牛が誤って川に落ちて水を「呑んでしまう川」といった諸説が由来していることからのようです。

そしてこの呑川に架かっている橋が「菖蒲橋」です。
菖蒲橋 菖蒲橋
これは“あやめ橋”と読みます。
親柱の手間になにやらのモニュメントがありますが、これは菖蒲橋に関連したものなのでしょうか。
モニュメント
そして橋の欄干の“あやめ”のレリーフが、なかなかの情緒をかもし出しているのですが、この橋こそが大正から明治にかけてのランドマーク「蒲田菖蒲園」の名残なのです。
“あやめ”のレリーフ

「蒲田菖蒲園」は横浜の植木会社が、呑川辺りに約3.3ヘクタール(1万坪)の菖蒲園を明治35年に開園したものです。
園内には300種以上の菖蒲のほかに、ボタンや藤、桜、ツツジなどの四季の花々も植え込まれていたようです。また、園内には鳥類、水鳥や猿などが飼われており、赤い前かけのお姐さんがお茶を運び、のり巻きやいなり寿司などを売る茶店があって、日曜・祭日などは三頭曳きの馬車で来るセレブや、新橋辺りの芸者、そして外国人も自動車で乗り付けるといった有様で、まさに一大観光地として大いに賑わったのです。
といってももともと観光地として菖蒲園が作られたのではなく、文字通りの横浜の植木会社、「横浜植木㈱」が菖蒲の栽培地として活用したものです。
この横浜植木㈱は明治23(1890)年「横浜植木商会」という園芸会社の草分けとして設立され、同時にサンフランシスコに支店を開設する当時からワールドワイドな企業だったようで、この年、新宿御苑の洋蘭類を委託管理されていたのです。また、明治26(1893)年には米国コロンブス世界博覧会に盆栽、日本庭園などを出品するような著名な企業だったのです。
明治30(1897)年には輸出用花菖蒲の栽培及び品質改良のため神奈川県久良岐郡屏風ヶ浦村磯子に花菖蒲園を開設しています。
磯子菖蒲園 《(C)横浜植木㈱》
そして花菖蒲の輸出が好調なことから海外販路拡張に伴う増産のため、明治35(1902)年、磯子菖蒲園を閉鎖して当時の東京府荏原郡蒲田村に花菖蒲の圃場を開設したのです。
蒲田菖蒲園 《(C)横浜植木㈱》
その後、順調に進んだ花菖蒲ですが、明治43(1910)年の米国向け花菖蒲の病害による全量差し戻しなどのアクシデント中で、花菖蒲の輸出不振を背景に耕地整理のため大正10(1921)年蒲田菖蒲園は閉鎖となり、東京での販売のためだけの温室栽培のみが残ったのです。
温室栽培 《(C)横浜植木㈱》
こうして一大観光地だった菖蒲園がなくなったのですが、当時の賑わいを見ていた蒲田村の当時の月村村長は停車場の必要性を村議会に提案し、満場一致で停車場誘致の運動にかかったのです。
この結果、菖蒲園開園の2年後の明治37(1904)年4月11日に蒲田停車場が開設したのです。
しかし、菖蒲園の来園者を当てにした停車場でしたが、開通時の停車場は大変寂しいものだったようです。
当時を知る人は「当時の蒲田駅は淋しいもので、それでも昼間はぼつぼつ乗降客の姿も見えたが、日暮れ頃から夜になると、闇に包まれた広大な構内には、ちらちらとランプの灯影がゆらめくばかりで、咳一つ聞えず、シーンとしたホームから、汽車の着くたびに、黒い人影が2人3人。それから暫く沈黙が続いて、8時頃には全く人影が絶えるという有様だった。つまり、汽車から降りた客より駅員の方が多かった」と語っているのです。
皮肉なことにこの蒲田停車場が賑わうのは、菖蒲園の閉鎖された大正10年の前年に松竹蒲田撮影所が開設されてからのことだったのです。
現在、その跡地にある蒲田小学校だったようです。
蒲田小学校
明治時代の蒲田菖蒲園を物語るものは、この菖蒲橋のレリーフだけのようですが、呑川をはさん“さくら”と“あやめ”の競演もまた一興でした。
桜と菖蒲と呑川

明治時代から江戸時代へ

菖蒲橋を渡って明治時代に別れを告げ、東邦医大通りを北上します。
あやめ橋交差点 東邦医大通り
2つ目の交差点を右折して路地を進むと、そこは江戸時代の香り漂う歴史街道でまさに史跡ストリートなのです。
歴史街道

稗田神社

最初に訪れたのは「稗田神社」です。(本来の漢字は“稗”の字に“草冠”が付きます)
稗田神社 稗田神社
社号標にもあるように“延喜式内”とあるのですから、少なくと927(延長5)年には存在していたわけで、社伝によれば709年(和銅2年)行基によって創建されたとされ、864(貞観6)年には官社となったとも伝えられており、由緒ある古社であることから大田区の指定史跡となっているのです。
また、参道口の石鳥居もまた1800(寛政12)年に寄進されたもので、区内の鳥居としては古いものの一つで、こちらも大田区の指定有形文化財となっています。
鳥居 扁額
この鳥居には「蒲田井郷稗田神社」と刻まれていて、“蒲田井”は「ほたい」と読み、延喜式神名帳の以前に編纂された歴史書「三代実録」に、「貞観6年8月14日戌辰に詔して武蔵国従五位下蒲田神を以って官社に列す」とある様に、当初の社名は「蒲田神社」だったのです。その蒲田神社が?田神社として記載されたのは蒲の古字といわれる?があてられたことから、誤写されたまま後世に伝えられ、神社に地名を使用しているとは思わずに時の別当寺・栄林寺の僧が?田神社と申請したことから、この社名となったといわれているのです。したがって本来の蒲田の由来はこの神社であったとも考えられるのです。

社殿は綺麗で、平成12年に再建されたものだそうです。
社殿 社殿 社殿
更にこの稗田神社は、もともと隣接する栄林寺が別当寺だったのですが、明治初年の神仏分離により独立したことから、近くの小祠をいくつか境内に合祠したので、境内には実に多くの境内社を見て取ることができます。
境内社 境内社 境内社
まさに蒲田の由来を偲ぶ古社なのでした。

栄林寺

稗田神社にまさに隣接しているのが、かつての別当寺「栄林寺」です。
栄林寺
平日は入ることができないのか、参詣することはできませんでしたが、ここにも「開山供養塔」という大田区の指定文化財があります。
これはこの寺の開基である日好を供養するために日英が建立したものといわれ、開基日好が1626(寛永3)年に没したことが銘文からわかることから、この寺院も由緒ある古刹ということです。

円頓寺

栄林寺から僅かな距離のところにあるのが「円頓寺」です。
円頓寺 円頓寺
こちらは本堂を改装中のようで、やはり入ることができなそうなので外からの参拝です。
こちらには「行方弾正直清供養塔」という文化財があるそうです。
「江戸名所図会」や「新編武蔵風土記稿」等にも記載されているので名刹の一つと言えるでしょう。
寺伝よると、かつて小田原北条氏分国の頃、荏原部南部に行方氏という豪族があり、はじめは上杉氏の家人であったのですが、後に北条氏に属していました。
その子孫である行方弾正直清は、天正18年(1590)北条氏滅亡の際、小田原攻めの先鋒、上杉景勝、前田利家等の諸将の軍と戦い、一門の郎党と共に、その館において討死したのですが、直清の弟は池上本門寺に逃れ出家して日芸と名乗ったのです。
そしてこの直清の旧館跡に文禄元(1592)年、日芸が一宇を建立し、寺名を直清の法名性光院殿円安行頓日方居士からとって性光山円頓寺と号し供養塔を建立したのです。
そのほかにも行方家の古文書、由井正雪の古文書、浅野長政の古文書や二代将軍秀忠公側室の古文書等が保管されており、戦国時代末期の歴史を物語る貴重な寺院なのです。

椿神社

円頓寺から更に2分ほど歩くと「椿神社」があります。
椿神社 椿神社
それ程大きくは無い、というより小さな神社なのですが、御利益は大きいようです。
この椿神社は“徐病習俗”として大田区指定の無形民俗文化財となっています。
徐病習俗
昔から風邪、百日咳、喘息等にかかると、境内の額堂に奉納されている麻を借りて、病人の首に巻くと咳が止まるという言い伝えがあり、回復後祈願者は新しい麻を奉納するという風習なのです。
更に面白いのは神社でありながら、祈願する人たちは社殿の前に線香を供えるという、江戸時代以前の神仏混交の風習が今なお存続しているのです。
焼香台
小さな神社でありながら綺麗に保たれているのは、やはり地元の人々に親しまれているという表れなのでしょう。

梅屋敷公園

椿神社から更に東に2、3分も歩くと京浜急行の線路と国道15号線、通称第一京浜の間に猫の額ほどの公園があります。
梅屋敷公園 梅屋敷公園
正門の横にある標柱には「明治天皇行幸所蒲田梅屋敷」と刻まれています。
明治天皇行幸所蒲田梅屋敷
案内板に寄れば、明治元(1868)年から明治30(1897)年の間に9回も訪れ、更に明治6(1873)年には、観梅の際に小梅一株を植えられ、後に「仙粧梅」と呼ばれたそうで、かなりお気に入りの場所だったということでしょう。

その横に「大田区文化財・梅屋敷と和中散売薬所跡」の案内板があります。
案内板
「武蔵風土紀稿」によれば平安時代の頃から、この辺りは「梅木村」と呼ばれ温暖な地形から村の家々に梅の木を植え、果実を採取して梅干などを作っていたようです。
江戸時代では増税に次ぐ増税という幕府の締め付けが厳しく農民達にとっては副業を必要としていたため、古の習いにしたがって農家の庭先や田畑の周りに梅を植え、梅干の収穫によって多少なりとも農家に潤いを持たせていたようです。
農家にとっては梅の実だけを獲れればよかったのですが、東海道の往来が増えるにしたがって行きゆく人々が梅の花にひかれ始めたのです。
このありさまは江戸名所図会にも記載されています。
「蒲田の梅:この地の民家は、前庭後園ともにことごとく梅樹を栽ゑて、五月の頃、その実を採りて都下にひさぐ。されば、二月の花盛りには、幽香を探り遊ぶ人少なからず。」

こうなると観梅をビジネスにしようとする人々が出て来るのは必定で、そのうち最も繁昌したのが案内板にある「久三郎」、即ち山本久三郎だったのです。
江戸時代の文化文政期(1818~1830年)では江戸及び近郊で梅屋敷と言うと確かに蒲田の梅屋敷と亀戸の臥龍梅が人気を二分していたそうです。
亀戸の臥龍梅】は〝墨田区梅見街歩きツアー〟彷徨で訪れた場所で、現在はあおの跡碑だけが残されていました。
広重の浮世絵を並べれば、いかに名勝だったかが理解できるでしょう。
蒲田梅屋敷 亀戸臥龍梅
左側が蒲田の梅屋敷です。
更に江戸名所図会でもこの蒲田の梅屋敷が「蒲田里梅園行方弾正宅跡」として挿絵に描かれています。
蒲田里梅園行方弾正宅跡
この「久三郎の梅屋敷」は約3000坪といいますから、凡そ現在の都市部の学校の校庭くらいでしょうか。そこそこ広い梅園だったようですが、ここも行方弾正宅跡といわれているのですから、円頓寺周辺から梅屋敷周辺まで行方弾正館は更に広かったということでしょう。
因みに案内板にある和中散は江戸名所図会の挿絵にも描かれていますので、やはり江戸時代ではかなり有名な薬屋だったということです。
大森和中散
園内は残念ながら梅の香りを楽しむことは出来ませんが、こじんまりとして落ち着いた(工事が無ければ)風情を漂わせています。
梅屋敷公園 梅屋敷公園 梅屋敷公園
使い古されたコピーながら、こう言ったところを都会のオアシスというのでしょう。

更に園内には幾つかの石碑を見る事ができます。
これは「里程標」とうもので、いわゆるマイルストーンです。
里程標
「距日本橋三里十八丁 蒲田村 山本屋」と刻まれています。3里が凡そ12kmで、18丁が凡そ2kmですから、日本橋から約14km地点と言うことになります。
この梅屋敷の前の第一京浜国動がかつての旧東海道でしたから里程標があったのです。山本屋とは和中散の山本久三郎家のことで、山本家の前にあったのです。戦後消失したため、現在のものは復元されたものだそうです。
この里程標は、木戸孝允、伊藤博文らが梅屋敷で新年宴会を開いた際に書かれた書画の木戸孝允の画にも描かれていたそうで、歴史的な里程標ともいえそうです。
因みに歴史的といえば文久2(1863)年11月、高杉晋作・久坂玄端らの横浜襲撃計画を知らされた長州藩毛利定広は、止めさせるため藩士11人を向かわせ、自らも説得のため出向き、高杉らを待ったのが梅屋敷だったのです。
説得には成功しましたが、その後の酒宴で周布政之助が土佐藩主山口容堂を非難誹謗したことにより土佐藩士との間でいさかいとなった事件を「梅屋敷事件」と呼んでいるのです。
また「山本久三郎の句碑」もあります。
山本久三郎の句碑
「神酒ささぐ間に鶯の初音かな」麦住亭梅久と刻まれていて、梅久は山本久三郎の雅号だそうです。
この様に山本久三郎によって造られた蒲田梅屋敷は明治期なると益々栄え、門前に100台もの人力車が客を待つほど繁盛をしたそうです。
明治期の梅屋敷

しかしながら明治31(1898)年のある事件から没落をはじめたのです。
それは手洗い場にあった小さな手水鉢を乗せた台石を外国人が“ダイヤモンド”だと言ったことから起こった「ダイヤモンド事件」だったのです。
当時の日本人はダイヤモンドなど知りませんから、久三郎は外国人にその価値を尋ねて、60万両の価値があるといわれたのだそうです。幕末期で換算しても1両=約3000円として約18億円となりますから一躍大富豪と言うことでしょう。 決して怠け者ではない久三郎は反対に、このダイヤを見に来る人を誰彼と無く無償で歓待することにより、次第に本業も疎かになってきたのです。
そして正式に鑑定してもらうと100円~200円ほどの価値しかない屑水晶だということが判明し、精神に異常をきたし、その後の大病で他界したのでした。
梅屋敷は家族に引き継がれましたが、結局人手に渡り、いくつかの手を経て昭和8(1933)年に史跡として保存指定を受け、昭和13(1938)年に東京市へ寄付され、昭和28(1953)年に大田区に譲与されて現在に至っているのです。

現在、かつてあった弓道場が移転し、その後に梅の植林が行われていて梅園の拡張が図られています。
かつての3000坪には引けをとるものの、これからも江戸時代の香りをその梅の香りとともに残し続けてくれるのでしょう。
最後はここから約2~3分の京急・梅屋敷駅から帰ることにします。
京急梅屋敷駅

現代から昭和・大正・明治・江戸の時代を僅か1.2kmの距離に凝縮した蒲田散策は、実は戦国時代を経て平安時代まで遡れる蒲田の歴史行進曲でした。
まだまだ、蒲田、そして大田区の魅力はたくさんありそうです。

2013.03.30記

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. マヤリモ | -

    流石は、薄荷脳70 さん

    まさか、蒲田にいらっしゃって、椿神社を訪問するとは・・・。

    今や、蒲田民でも、その周辺の人しか存在を知らない神社だと思いますよ!

    そして、豊富な情報量に脱帽。

    本当に蒲田を取り上げてもらえて嬉しい限りです!

    ちなみに円頓寺から歩いて数十秒の所が私の実家で、蒲田橋の親柱は、現在住んでいる家から蒲田駅までの通勤路です!

    もしかしたら、薄荷脳70 さんと蒲田ですれ違っていたかも!?(笑)



    ( 22:39 )

  2. 薄荷脳70 | -

    マヤリモさん、ありがとうございます。

    おっしゃるとおり、地元にいながら存在を知らなかった場所って結構ありますからね。
    線香に煙る神社の姿を見たかったですけど。。。
    まさに蒲田っ子、ということでしょう。
    すれ違っている偶然って、意外にあるかも知れないですね^^
    下町と山手を併せ持った街のような雰囲気で、実に楽しい街でした。

    ( 04:40 )

  3. pansy | -

    こんにちわ。
    蒲田には足繁く通いましたが、近くに1万坪の菖蒲園があったとは驚きです。
    今や信号機名や橋だけの名残だけとはちょっと寂しい感がします。

    由来となった薭田神社、とても由緒ある神社ですね。
    “ほたい”として今に伝わったとは・・機会があったら訪れようと思います。
    とてもいい勉強させていただきました。

    ( 15:25 )

  4. 薄荷脳70 | -

    pansyさん、ありがとうございます。

    企業の栽培用の菖蒲園だったことが存続しなかった理由でしょうが、梅屋敷も同じような運命を辿った可能性もあったわけですね。
    亀戸もそうですが、やはりこういった名勝を残すのはかなり難しいのでしょうね。したがって残っていると言うことは逆に大変貴重な存在となるのですね。それゆえの名勝、史蹟でもあるのですが。
    そのような意味では、比較的神社仏閣などは残り易いですね。
    地元の歴史を辿るには、神社仏閣は格好な史料ということですね^^

    ( 04:55 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks