FC2ブログ


日の丸ステッカー、ゲットへの道

“日の丸ステッカー”といっても多くの人が知らないといっても過言ではない、埼玉県民くらいしか知らないお宝なのです。
これはFM NACK5の看板プログラム、小林克也氏の「ファンキーフライデー」に投稿し、番組中に読まれた(オンエア)された人だけが貰いえるというステッカーなのです。
といってもまだまだ御存じない方も多いと思いますので、若干の説明を。。。

ますは、「FM NACK5」です。
現在は各地(凡そ県単位)でFM局が存在している状況ですが、その中の埼玉県にあるFM局なのです。
正式な会社名は株式会社エフエムナックファイブで1988年(昭和63年)10月31日に開局し、本社はさいたま市大宮区で、送信所が比企郡ときがわ町の飯盛峠にあります。
そもそもFMの周波数が79.5MHzだったことから、79.5→ナックファイブ→NACK5となり、このようなロゴとなったのです。
NACK5ロゴ
駄・埼玉としては珍しくお洒落なネーミングに、埼玉県とは思えないと評価が高いとか・・・。
Jリーグファンなら、大宮アルディージャのホームスタジアムが「NACK5スタジアム大宮」ですので、聞いた方もあるかもしれません。
平日は殆ど聞けませんが、たまに土日は車で聞くことが多く、“バカボン鬼塚”と“山口佐和”の「HITS! THE TOWN」は良く聞いていて、結構つぼに嵌っているプログラムなんです。

そしてそのNACK5の看板プログラムの「ファンキーフライデー」は文字通り毎週金曜日AM9:00~PM5:55までオンエアされています。 このプログラムのパーソナリティが小林克也氏なのです。
小林克也
結構オッサン世代ならテレビ朝日の「ベストヒットUSA」や、TBSラジオでの「スネークマンショー」といえばお判りになる方も多いと思います。
そしてプログラムの内容は「LOVE TIME リクエスト」「9時間目」「あの人に贈りたい」「ソーロークイズ」「ミッキー」「交通川柳」「道」というコーナーに分かれていて、各コーナーで読まれるとステッカーがもらえるというシステムなんで、以前からゲットしたいと思いながらも、なかなかオンエアされるのは難しいことでした。

そしてその機会が訪れたのです。
昨年入籍を済ませたものの、挙式していなかった長女の結婚式が4月6日(土)に行われることから、長女への祝福を込めて4月5日(金)朝、「あの人に贈りたい」に投稿したのです。
内容は祝福のメッセージとプレゼントの曲です。
こうして投稿したものの、その日は仕事も多忙で当然ラジオを聴いている余裕など無く、全く気にする事も無く過ぎていきました。
そして迎えた4月6日土曜日、式場にて準備をし、一休みしていたところに突然、新郎の兄から声をかけられました。

新郎兄「もしかしてファンキーフライデーに投稿しました?」
私「ああ、昨日メールで送ったんだけど。。。」
新郎兄「やっぱり。丁度聞いていたのですが、同じ名前で年齢も一緒、住所も、ということで偶然ってあるもんだなって思っていたんですよ」
私「な、なにい! じゃ、よ、読まれたの?」
新郎兄「はい、読まれていました。びっくりですね」
私「そ、そうか・・・、じゃあステッカー。。。^^」

新郎同様上尾市出身で、現在も上尾市で働いているのでいつも聞いていたのですね。まさか、こんな身近で聞いている人がいたなんて、それも奇跡に近い諸行といえそうです。
読まれたことと聞いていたことと、2度ものサプライズだったのです。
そして、新郎兄の奥さんからは「娘さん思いの・・・」などなど賛辞の声もチラホラ聞かれ、ちょっと誇らしげな気分だったのです。

そんな一件があってから、今日はじめて娘とあったのが結婚式のリハーサル(そんなものがあるんですね)でした。
新婦と新婦の父親が入場して新郎が待っているという・・・、ウンヌンのリハーサルです。
娘と出番を待っているときの会話です。

私「聞いた? ラジオで放送されたこと」
長女「聞いたよ。投稿したんだってね」
私「おお、娘の一生一度の晴れ舞台だから、親としても祝福しなくちゃならないし。まあ、サプライズと言うことかな、ハハ。。。」
長女「放送されなかったり、放送されても誰も聞いていなかったらどうするつもりだったの」
私「それはそれで、仕方ないことだし・・・」
長女「フ~ん」
私「でも、凄いだろ!」
長女「祝福のサプライズのために投稿したのじゃなくて、ステッカー欲しいから投稿したんじゃないの?」
私「と、とんでもない。。。」
長女「ステッカー貰うために、このタイミングで、この内容なら結構確実だよね、読まれるの。つまり、スッテカー欲しくて私のネタを使った、という。。。」
私「ウ、グっ。。。」
長女「要するにステッカー欲しいために、ということだよね。(怒)」
私「。。。」

流石に二十数年一緒に暮らしていると、父親の性格・行動をすばやく見抜いてしまうのはさすが我が娘だと感心すること然り。4月といえども気温の低い日ながら、じっとり汗ばんでいたことは言うまでもないことです。
まあ、そんなこんなのアタフタながら、結婚式・披露宴と式は無事に終了したのでした。
披露宴

式の終った翌々日の8日の月曜日、待望の“日の丸ステッカー”がNACK5の封筒に挨拶状とともに届きました。
日の丸ステッカー 挨拶状 日の丸ステッカー
それを見ていた次女が一言。
「最低の父親」
ぐうの音も出ない私にすかさずフォローを入れてくれた妻。
「良かったね、欲しかったステッカー貰えて^^」
って、フォローになっていないし、しかも皮肉だし。。。

ある意味、血と汗と涙の結晶ののような“日の丸ステッカー”なのでした。
このブログ読まれたら、またネタに使ってるって言われるだろうな。。。

2013.04.12記
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 上尾の〇山 | LkZag.iM

    ステッカー 俺も欲しい!!

    今晩は!!
     久しぶりの書き込みよろしくお願いします!!
    小林克也ですか?あのステッカー前の方が流行っていたような気がします。
    車のフロントグラスに入れている人が居ましたね!!
    私も欲しかったです!!
     しかし、娘さんや奥さんのコメントが・・・・

    ( 20:40 [Edit] )

  2. 薄荷脳70 | -

    上尾の〇山さん、ありがとうございます。

    書き込みありがとうございます。
    その前のバージョンがあったのですね。
    今でもステッカー貼った車を見受けますから、埼玉県ではやはりお宝ですよね。
    我が家では家族はいつもながらの光景です^^
    それよりもやはりステッカーのほうが重要なんですw

    ( 06:29 )

  3. vさん | -

    解りますとも・・

    このステッカーが、貴重な品という事。

    そして年頃の娘を持つ親として、娘の心眼が如何に凄いかという事も・・爆!

    ( 19:53 )

  4. マヤリモ | -

    長女さん、おめでとうございます!

    埼玉県の職場に就職した時に、この日の丸ステッカーをよく見かけて、「何故か埼玉で多く見かけるんだけど、なんだろう?」と不思議に思ってました。

    その後、職場の先輩にどういうものかを聞きました。

    その先輩が、「同じステッカーを貼った車同士がすれ違ったりすると『ファンキー!』って声を掛け合うんだよ。」

    なんて言ってましたけど、何かそういうのってイイですね。


    ( 20:50 )

  5. 薄荷脳70 | -

    vさん 、ありがとうございます。

    埼玉県民ならばこそですね、このステッカーの価値がわかる方はw
    子は親の背中を見て育つと言いますが、背中から心の中も見ていたのでしょうね^^
    それが家族ってものなのでしょうね。

    ( 04:09 )

  6. 薄荷脳70 | -

    マヤリモさん、ありがとうございます。

    ありがとうございます。
    確かにファンキーって光景はかつてあったようで、埼玉県民のひそかな楽しみ、なのかもしれませんね。
    おっしゃるとおり、見知らぬ人とのコミュニケーションが図れる、面白いグッズと言えますね。
    「ファンキー埼玉」ってコピーで“ダサイタマ”返上ってのはどうでしょうかねw

    ( 04:15 )

  7. bg | 3ZQ.D9ic

    自分もステッカー欲しいです!
    大学時代に投稿して土曜日の番組に1度読まれたことあります。
    たしか失恋した時(笑)

    ( 21:29 [Edit] )

  8. 薄荷脳70 | -

    bgさん、ありがとうございます。

    ラジオは今でも重要なメディアなんですね。
    深夜放送の初期世代としては、何度も投稿・リクエストの経験がありますが、そういったコミュニケーションのできるところが他のメディアとの違いだったのかも知れませんね。
    それにしても失恋の投稿で、様々な思いがあったのでしょうが、そんな時代が懐かしい思い出として残っているのですよね^^
    素敵な思い出ですね^^

    ( 06:23 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks