FC2ブログ


庚申塔を背に上尾の原風景を望む

今回の散策は「須ヶ谷」「平塚」といったところを散策します。
この辺りは“上平地区”と呼ばれ、上尾市の北東部に位置し、おおむね昭和の大合併前の旧上平村にあたるエリアです。

グルッとくんを「須ヶ谷1丁目南」で下車し、ホームセンター沿いの湾曲した道を南へ200m余り歩くと、県道さいたま・菖蒲線に出る。右折して原市を目指すことになるが、左折すると六道(須ヶ谷1丁目と伊奈町寿2丁目の接点付近)を経て菖蒲町に達する。江戸時代の原市は「三・八」の市が開かれにぎわいを見せるが、菖蒲町も「二・七」の市が開かれた在郷町である。この三叉路から原市まで3km余り、菖蒲町へは約8km余りの道のりで、この道路は両市場町を結ぶ街道でもある。(「新編埼玉県史」通史編3)。
(上尾歴史散歩より)

ここが今回のスタート地点である「菅ヶ谷1丁目南」のバス停です。
須ヶ谷1丁目南
左手がホームセンターの「セキチュー」です。
特にどうということのない味気ない道路ですが、季節柄綺麗な花を見られることで癒されそうです。
ホームセンター沿いの湾曲した道 ホームセンター沿いの湾曲した道 道で見かけた・・・
まあ、なかにはこう言った景色もあり、きっとイメージフォトを狙うにはよい被写体になるのではないでしょうかね。
そして県道との交差点に到着です。
六道方面 交差点 原市方向
左側が六道方面で、右側が原市方向となります。

県道に出て西南方向に100mも歩くと、元は水田中の小川を渡るが、この川は「原市沼」の上流の河川である。なおも西南方向に200mも歩くと、道は穏やかに左折する。
右手には小さな墳丘があり、その上に庚申塔が建てられている。新道の開通でここは変則三叉路であるが、土地の人はこのあたりを「椿山」と呼んでいる。庚申塔は明和9(1772)年11月の建立で、上平塚村の講中の手になるものである。正面に「せうぶ道」(菖蒲)、右側面に「をけがわ道」(桶川)、左側面に「はらいち道」(原市)と道路の案内が刻まれている。当時桶川宿も「五・十」の市が開かれにぎわった所であり、まさに市場街道にふさわしい道しるべということになる。(前掲書)。
弘化2(1845)年6月1日、上平野村(現・蓮田市)名主源三郎ら12人が伊勢・西国札所巡拝のため、この日に出発している。二ヶ月余りにわたる長旅であり、一生に一度の遠国への旅のためか、村の人たちが大勢見送りに出ている。村人は原市まで見送りしているので、この椿山の庚申塔前を通ったことになる。伊勢参り一行は原市から大宮宿に出て、この日蕨宿の宿泊である。このように原市への道は、埼玉郡の人々にも盛んに利用された街道でもある。(「蓮田市史」近世資料編Ⅱ)。
(上尾歴史散歩より)

そしてここが水田中の小川ですが、車で通ったら全く気がつかないでしょうね。
水田中の小川
一応、橋にはなっているのですが。。。
左が原市沼方向の下流で右が上流となりますが、まあ、川というよりは用水路といった感じです。
下流 名も無き橋 上流
何もないところを先に進むと、三叉路が見えてきます。
三叉路
その三叉路の真ん中にあるのが庚申塔です。
庚申塔 庚申塔
左から「はらいち道」、「せうぶ道」、「をけがわ道」と刻まれています。
はらいち道 せうぶ道 をけがわ道
説明が無ければ素人ではとても判読できないでしょう。
当時の市場である“原市”“菖蒲”。そして中山道の宿場として、また紅花の集積地として繁栄していた“桶川”を繋ぐ要所といえるわけで、当時はやはり人通りも多かったのでしょうね。
椿山から南下

椿山から400メートル南下すると、左方の畑地の奥に原市沼上流の開析谷を遠望することができる。これは、古い上尾の「原風景」である。なお、500メートル南下すると中平塚の中心地で、ここでは密蔵院や氷川神社など見るものも多い。平塚公園入口から南へ400メートル歩くと西原の交差点で、ここは元の下平塚村である。ここより390メートルも南に歩くと、右方小道の三叉路に庚申塔が見える。天明5(1785)年の建立であるが、もうこの庚申塔から原市までは、南へわずか400メートルほどの距離である。(元埼玉県立博物館長・黒須茂)
(上尾歴史散歩より)

椿山から南下すると左手に大きな円柱の建物が見えます。
東部浄水場 東部浄水場 東部浄水場
上尾市の「東部浄水場」です。
上尾市の水道水は、埼玉県営水道行田浄水場、大久保浄水場で浄水処理された水道水(県水)に上尾市内にある水道用深井戸30本の地下水を浄水処理したものを混合しており、この県水と地下水(中央系・東部系)を除鉄、除マンガン処理した浄水を混合して送水しているのが、この東部浄水場なのです。
この他上尾市には県水と地下水を浄水、送水する北部浄水場と、地下水を浄水、送水する西部浄水場の全部で3ヶ所あるそうです。ライフラインの重要なひとつですから、参拝でもしたくなってしまうほどです。
そしてその先の左手に見える風景が上尾の「原風景」といわれる場所ですが、そんなイメージっていうところです。
上尾の「原風景」 上尾の「原風景」

ここから先には結構見るものが多くなります。
道端にポツンとある庚申塔ですが、いつに時代のものかはわかりません。
庚申塔 庚申塔
そしてその先には「茶屋 草木万里野」というお洒落な建物があります。いつ出来たのでしょうか、ちっとも知りませんでしたが外食チェーンなのでしょうか、一度、寄ってみたいところです。
「茶屋 草木万里野」 「茶屋 草木万里野」
更にしばらく進むと今度は右手に庚申塔が祀られています。
庚申塔 庚申塔
まさに古の街道であったことを思い知らせてくれます。

そしてこの左手が【密蔵院】と【氷川神社】方面です。
密蔵院
密蔵院は市内最古である平安後期制作の日光・月光菩薩立像などの文化財も多い寺院です。 田園風景の中に突如として現れた“鷲”一羽は何の建物かはわかりませんが、とにかく目立つ存在です。
鷲の絵
その先の左手が【平塚公園】で、右側が「Round-One」の大きな建物です。
平塚公園前
平塚公園は上尾市でも大変親しまれている公園で、春は桜の名所、夏は水遊びにクールスポット、秋はスポーツと四季折々で楽しめる公園なのです。
平塚公園 平塚公園
ここからしばらく何もない道路を進むと“西原”の交差点となるのですが、現在の名称は平塚の交差点で地番も平塚になっており、残されているのはバス停の名称に“西原”が残されているだけのようです。
県道を南下 旧西原の交差点 平塚交差点

西原の交差点を先に進むとイタリアンレストラン「ベルパエーゼ」やちょっと変った名前の雀荘などが立ち並び、神社が・・・、と思えば「めん坊 ばんとう太郎」といった具合に、流石にかつては賑わった街道だけあって現在も商業施設が多いようです。
イタリアンレストラン「ベルパエーゼ」 カラテに雀荘 めん坊 ばんとう太郎
そして「ばんどう太郎」の反対側の三叉路にあるのが天明5(1785)年建立の庚申塔です。
三叉路 庚申塔
このように庚申塔伝いに歩いてくると、その先に見える交差点が「ガンセンター入口」でここを越えると“原市大通り”となり【上尾歴史散歩:1 原宿を歩く】に続くのです。
県道を南下 ガンセンター入口交差点 原市大通り
古の市場街道ともいうべき平塚の町は、原風景と現代の商業施設の混在する町となっているようでした。

“市場町への街道を歩く”ルート


powered by 地図Z

2013.05.17記
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 上尾の〇山 | LkZag.iM

    上尾の東を南に回って ありがとう!!

    こんばんは!!
     久しぶりの書き込みですね!!
    だいたいは知っている道ですが詳しく説明して頂きありがとうございます!!
     平塚で現れる鷹が書いてある建物は30年くらい前から有りますね!!
    トヨタの部品センターだっつたかもですね!!

    ( 19:19 [Edit] )

  2. 薄荷脳70 | -

    上尾の〇山さん、ありがとうございます。

    >  久しぶりの書き込みですね!!
    > だいたいは知っている道ですが詳しく説明して頂きありがとうございます!!

    流石に上尾の〇山さん、何万歩と歩かれているだけあって殆どの道をご存知ですね^^
    私が説明するなどとはおこがましい次第で;;

    >  平塚で現れる鷹が書いてある建物は30年くらい前から有りますね!!
    > トヨタの部品センターだっつたかもですね!!

    トヨタの倉庫だったのですが。それで佐藤栄学園の埼玉自動車大学校もできたのでしょうかね。
    お教えいただき感謝、感謝です。
    ありがとうございました。

    ( 08:25 )

  3. マヤリモ | -

    こんばんは!

    桶川に住んでいたころに車でよく通っていた辺りです。

    草木万里野は、職場の人に教えられ一度行ったコトがあります。
    オシャレな感じのお店でしたよ。

    ただ、3時行ったら、ランチも終り、ディナーメニューもまだ注文できず、結構お腹が空いていたのですが、結局、ケーキセットなんかを食べてきた記憶があります。

    また、行こうと思いつつ、引っ越してしまい、そのままで、今回の記事で思い出しました!

    ( 19:03 )

  4. pansy | -

    おはようございます。

    蕨や桶川宿と聞くととても懐かしいです。

    追分に祀られた庚申塔は見事ですね。

    今まで街道筋で多くの庚申塔を見てきましたが、斜向きの青面金剛や三猿が遊んでいるような陽刻は初めて見ました。
    これは動きが感じられますね。

    これは絶対に見に行かねばと思います。




    ( 09:26 )

  5. 薄荷脳70 | -

    マヤリモさん、ありがとうございます。

    やはり外食だったのですね。
    意外なところで知っていらっしゃっって、かえってビックリです。^^
    やはり一度は言って見ないといけませんね。
    ありがとうございました。

    ( 06:43 )

  6. 薄荷脳70 | -

    pansyさん、ありがとうございます。

    何か特別な想い出をお持ちなのですね、蕨や桶川に^^
    そんなに珍しいものなんですか、ビックリです。
    上尾も捨てたもんじゃないってことでしょうか、お教えいただき大変勉強になりました。
    ありがとうございました。

    ( 06:47 )

  7. 古の街道

    紹介されている道は何度も通っていますが、「車」なので・・・
    庚申塔がこれほどあるとはまったく知りませんでした。

    密蔵院は季節によってイイ感じになりますが、参道や背景がイマイチで・・・。
    “鷲”は初めて見た時から何!?と。↑部品センターなのですね。
    街道途中、丸いタンクもありますよね。

    ( 11:26 )

  8. 薄荷脳70 | -

    山ぼうしさん、ありがとうございます。

    よく知っていらっしゃる通りですか。今でも上尾では幹線道路なのでしょうね。
    密蔵院は春しか見たことはありませんが、桜が綺麗だったですね。
    意外と面白い景色が見られるとおりですよね。

    ( 16:13 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks