しのぶあん

茨城県稲敷郡阿見町鈴木5-4 2013.06.29訪問

店舗概要

阿見アウトレットに出かけたついでに寄ったお店です。
アウトレット内で昼食と言う手もあったのですが、美味しいには違いないけれど面白みがないので阿見町で検索したうちの1軒です。
当日、娘達に何を食べたいか聞いたところ“そば”ということなので、こちらのお店に行くことにしたのです。
場所的には阿見町役場の比較的近くなので立地としては悪くないのでしょうが、県道から少しそれた場所にあるので、一見ではわかりにくいかもしれません。
結構広い敷地で駐車場もそこそこの台数の置ける広さです。
しのぶあん
建物も特に凝った造りではないのですが、比較的大きく蕎麦店らしい佇まいです。
しのぶあん
中に入ると直ぐ左手には3卓ほどのテーブル席があり、右手は広い座敷になっています。
しのぶあん
50~60人は入ることが出来るのではないでしょうか。
この日は1時過ぎに入りましたが、お客は3分の1程度でよい気分になられているグループもあったので、噂どおり地元密着型の店舗といえそうです。

メインメニュー

ヤーコンかきあげ天ざる 【ヤーコンかきあげ天ざる】900円

つけとろろ(もりそば) 【つけとろろ(もりそば) 】750円

つけおろし(もりそば) 【つけおろし(もりそば) 】750円

感想

蕎麦店といえども地元密着型で昼夜一杯飲める雰囲気なので、酒の肴的な料理も在るようです。
特に気を惹かれたのが「イベリコ豚の肉汁そば」でしたが、ここは事前に調べていた地元の名物「ヤーコン」を使った“ヤーコンかきあげ天ざる”をオーダーします。
そこで娘達に「イベリコ豚の肉汁そば」をオーダーしたらと、ネタ造りのために誘いかけるとショッピングの前は腹七分目にしておかないとショッピングの意欲が薄れる、というわけのわからない理由で、比較的軽い蕎麦をオーダーしたのです。
因みに娘二人ともに高校時代近所の蕎麦屋でアルバイトをしていたので、結構蕎麦にはうるさいのですね。
ということでオーダーをお願いすると、一緒にキュウリ揉みを出していただけました。
きゅうり揉み
このお店ではこれが普通なようで、いわゆる突き出し的な意味合いでしょう。
ちょっと生姜の利いた酒に合いそうな漬物ですが、飲めないのが実に残念です。

ここで品が来る前に“ヤーコン”について紐解いておきます。
ヤーコンは、南米アンデス高原原産のキク科の植物で、食用部の根はサツマイモに似ていますが、果物のように生で食べられるのが特徴だそうです。
ヤーコン
1980年代に阿見町内の茨城大学農学部の月橋輝男教授の研究により日本で初めて試験栽培され、低カロリーの健康食材で、整腸作用をはじめさまざまな健康効果で知られているのです。
この「ヤーコン」を町の名産品にしようと、平成11年に町商工会の会員有志により結成されたヤーコン味工房で、それぞれの店の特徴をいかし、ヤーコンを使った食品の開発・販売を行なっているのだそうです。
特に甘味があることから粉にしてクッキーに混ぜた「予科練クッキー」が有名だそうです。
そしてこの会員のなかにこちらの店主のお母さんがいたことから、このようなメニューになったようです。
お店でもヤーコンが販売されていました。
ヤーコン
創業12年足らずのお店だそうですが、味もさることながら、地元の特産を活かそうと「レンコン料理フェア」を開催したりしているそうです。

オーダーした料理が配膳されました。
先ずは「ヤーコンかきあげ天ざる」ですが、かき揚げのボリュームに圧倒されます。
ヤーコンかき揚げ
ただ、ヤーコンに目を奪われてしまうのですが、ここは本題の蕎麦をしっかり味わいます。
結構細い蕎麦ながらかなりしっかりしたコシを感じます。
蕎麦の香りもそこそこで、蕎麦だけを味わっても充分及第点ではないでしょうか。まあ、娘二人もかなり美味しいと言っていますから。
最後にかき揚げですが、こちらもヤーコンに注目しがちですが、しっかり上がったかき揚げで、ベタベタした脂もなくサッパリパリパリに上がっています。
ヤーコンかき揚げ
ちょっとこだわっているのが天汁で、薬味の入った天汁ですがヤーコンが入っているような気がしました。
そして「ヤーコン」だけを味見しましたが、強烈な個性はありませんが、ほのかに甘い野菜といった感じです。
これはこれで名物と言うことで堪能しておきましょう。

総じて親しみやすい店構えと対応で、ボリュームもありリーズナブルな地元密着の店舗ですが、地元以外の人にもホスピタリティは万全のようです。
あえて行くほどではないでしょうが、近くに行かれるのなら候補の一つにしてもよいでしょうね。

2013.07.09記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks