はじめに

「招福大観音・勝福寺」はジャンルAで4,053票を獲得して40位にランクされました。

1993(平成3)年11月に完成した招福大観音は高さ10m。盛り土、台座を含めると約15mにもなる。青銅製の観音像としては県内最大だという。江戸中期に創建されたという勝福寺境内にある。
清水光亮住職が、真言宗豊山派の宗祖・興教大師の850年遠忌の発願として建立を思いつき、檀家の協力で完成した。「町の平和のシンボルに」との願いが込められている。
毎年4月の第一日曜日には春祭りが開かれるほか、秩父鉄道のバス観光コースにも組み入れられ、懐石料理も楽しめる。
(本書より)

2000年の100選選定の頃は大里郡川本町でしたが、2006年、深谷市、岡部町、花園町と共に合併し、現在は深谷市となっています。
100選では、ジャンルAの39位に【道の駅はなぞの深谷市(旧花園町)、ジャンルBの38位に【コスモス祭深谷市(旧岡部町)、そしてジャンルDの5位に【渋沢栄一深谷市がそrぞれランキングされていて、この100選めぐりを開始して間もない2008年の10月に上記の3ヶ所を一気に散策したのでした。

今にして思えば一気に散策するとはなんとも元気な限りでしたが、その分内容的に実にあっさりした内容でした。いずれ改めて散策したいものですが、今回はその深谷市の最後の100選である「勝福寺」をメインとして散策をします。
12月11日の土曜日、例年の同じ頃とは大分違い比較的暖かな日です。
深谷市の旧川本町周辺は、関越自動車道の花園ICからは非常に近いので今回も関越道で深谷市へ向かいました。

今回は比較的ゆっくりAM9:00過ぎに自宅を出発です。
「招福大観音・勝福寺」は別として、この川本周辺は「畠山重忠」縁の地として有名です。畠山重忠といえば鎌倉時代の武将で、首都圏はもとより全国的にもその名をとどめているところも多く、埼玉県の誇る武将の一人といえるでしょう。
そのような畠山重忠の歴史を辿りつつの散策を楽しむことにします。

map深谷市オフィシャルサイト】http://www.city.fukaya.saitama.jp/

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks